自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

手を抜いた1回の仕事が、他の頑張った仕事の価値を下げる


9月23日、本を出版しました!

今日は当たり前の話を、自戒を込めて…。

 

仕事で手を抜いてしまうときは、どんなときでしょうか?
忙しいとき? 仕事を進めていく中で嫌な思いをしたとき? 好きではない人とやる仕事? お金があまりもらえない仕事? そもそもその仕事が楽しくない?

 

仕事で手を抜いてしまうとき、必ず理由があります。でも、どんな理由があっても(本当に当たり前の話ですが…)1回手を抜いてしまうことで、今まで頑張ってきた他の仕事の価値を大きく下げてしまいます。すごく仕事ができる人で、今まで成果を出してきた人が、たった1回手を抜いたことで信頼を失ってしまった瞬間に今日遭遇しました。

 

めちゃくちゃ忙しいときや嫌な思いをしたとき、好きではない人との仕事や、あまり多くのお金をもらえない仕事をやるときに、その人の真価が問われます。どんな状況でも最後まで手を抜かない人にだけ、次の仕事がやってくる。今回は楽しくない仕事でも、次はめちゃめちゃ面白い仕事も持ってきてくれるかもしれない。今回は少ない予算の仕事でも、次は大きな予算の仕事を持ってきてくれるかもしれないのです。

 

未来の信頼を勝ち取れるかどうかは、手を抜かない自分でいられるかどうか。
手を抜きたくなるときにこそ、自分の真価が問われる。これは本当、忘れてはいけないことだな、と。

ニッポン手仕事図鑑が映像を制作しました!
[キリンラガービール 時代を超える逸品!キャンペーン スペシャルムービー] 



編集長をやっています。心震える職人さんの映像、たくさんあります!

follow us in feedly