自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「やりたい仕事」が、いつまでもやれない人


9月23日、本を出版しました!

自分のやりたい仕事を「やれるようになりたい!」と言いながら、何の勉強(実践を含む)もしていない人が結構多いような気がしています。ずっと思っているだけで、いつまでも行動をしない…。

 

私もそうでした。


そんな自分が変化したのは、勉強をしていないということが、自分の進化や成長を止めている=現状維持ではなく、“退化”だと強く実感したからです。時代も日々変化していて、周囲のライバルたちも成長しているので、自分が進化しないのは、“退化している”に等しい…。自分の感性だって、磨いていかないとどんどん鈍りますから。

 

だから、スケジュールの組み方を大きく変えました。
「忙しい…」「時間がない…」と嘆いている人は、いつまで経っても忙しくて、時間がないまま。そんな人たちよりも圧倒的に忙しいのに、日々成長している人がいる。何が違うかと言えば、自分のスケジュールを自分でつくっているということ。つまり、今自分がやりたい仕事や、夢に近づくための時間をまずは確保して、それから与えられた日々の仕事のスケジュールを入れていく。私もそれを真似しました。

 

そんなの現実的じゃない! と言われるのはわかっていますし、私もずっとそう思っていました。ただ、私もそれなりにずっと忙しく仕事をしていますが、本気でやってみると意外にできたりします。できないのは、どう工夫すればいいのかを時間をかけて、じっくりと考えていないだけ。いい加減にやっても、うまくはいきません。

 

日々慌ただしく仕事をしていたら、いつの間にか自分の能力が高まっている…そんなことは起こりません。だから、やらなければいけない仕事からではなく、自分の今一番やるべきことからスケジュールを埋めていく。そして、自分を成長させていく。
やりたい仕事ができるようになるための、基本かもしれません。


ニッポン手仕事図鑑が映像を制作しました!
[キリンラガービール 時代を超える逸品!キャンペーン スペシャルムービー] 



編集長をやっています。心震える職人さんの映像、たくさんあります!

follow us in feedly