自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

チャンスが来たときに、身軽な自分でいれるか


9月23日、本を出版しました!

今、ふたりの後輩の顔が、頭の中に浮かんでいます。

 

その後輩たちに伝えたいこと。
チャンスが来たとき、すぐに飛びつける自分でいられるかは、とても大切だということ。チャンスはものすごく早く、目の前を通りすぎていくものです。そして、手が届きそうで届かないギリギリの距離感でやってきたりする。

 

だから、瞬発力のある自分でいる必要がある。身軽な自分でいる必要がある。

 

でもその後輩たちを見ていると、背負う必要もない重い荷物を背負って、足かせを自らの手ではめているようにしか見えないことがあります…。

 

なぜ、そうなってしまうのか?
この分析はなかなか難しく、断言はできないのですが、「捨てることができないから」ではないかと思っています。

 

今、自分が持っているものをすべて持ちながら、新しい何かを手にしようとしている。でも、人は“持てる量”がきっと限られている。だから、新しい何かを手に入れるとき、何かを捨てなければならないときがあります。

 

大切な何かを捨てなさいという意味でもなく、何かを犠牲にしなければならないと言っているわけではありません。ただ、自分の背負っている荷物を整理してみたり、足かせに目を向けてみると、必ず無駄なものがある。持たなくてもいいものを持ってしまっていることもある。無駄なものを、大切なものだと勘違いしていることもある。自分が身軽でないと感じるなら、何が邪魔になっているかを考えてみてほしい…。

 

抽象的な話で申し訳ありませんが、後輩だけではなく、持たなくてもいいものを捨てられずに、チャンスが来たときに動けない人は少なくないような気がします。
チャンスが来たとき、身軽な自分でいられるか。これはすごく大切なことじゃないかな、と。


ニッポン手仕事図鑑が映像を制作しました!
[キリンラガービール 時代を超える逸品!キャンペーン スペシャルムービー] 



編集長をやっています。心震える職人さんの映像、たくさんあります!

follow us in feedly