自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

1年間、毎日続けてみなさい。話はそれからだ!


本を出版します!9月23日発売予定!

「1年間、毎日続けてみなさい。話はそれからだ!」

 

このセリフは確か、どこかのブロガーさんが言っていたセリフですが、一流と呼ばれる人、業界の第一線で活躍する人の中にも、同じ意味のことを言っている人が少なくありません。私が尊敬するスポーツ選手、クリエイター、経営者、アーティスト、作家などなど…。

 

そう言われて考えてみると、1年間毎日何かを続けたことがないな、と。野球少年だった頃、素振りをほとんど毎日やっていましたが、1年間毎日続けていたかというと自信が…。

 

昨日でこのブログの継続期間が、365日になりました。
『ニッポン手仕事図鑑』を多くの方に知ってもらうために個人的にはじめたブログですが、実は「1年間、毎日続けてみなさい。話はそれからだ!」的なメッセージを目にするたびに何とも言えない悔しい思いをしてきたので、まずはこのブログを1年間続けてみようと決めました。きっと、何かが見えてくるだろうと…。

 

で、何が見えたか?

 

何よりも実感するのは、厳しい局面でも自分を信じられるようになったということ。どんなときでも逃げの姿勢がなくなって、ネガティブさがなくなる。これは断言できますが、1年365日、ひとつのことを続けたからこそ、そう思えるようになったのです。

 

「1年間、毎日続ける」には、すごい効果があります。いろいろな人が「話はそれからだ!」と言っていたのは、こういうことだったのか、と。弱い自分が少し強くなって、弱い自分を許せる余裕も出てくる。何と言えばいいのか難しいですが、厳しい時代を生き抜く心の準備、何かをやり切る覚悟ができたような気がします。

 

だから今、何かを成し遂げたい人、自分の夢を叶えたい人、日々自分を高めていきたい人、戦い続けたい人には、何でもいいから1年間毎日、ひとつのことを続けてみることをオススメします。きっと、見える景色が変わるはずです。

編集長をやっています。心震える職人さんの映像、たくさんあります!

follow us in feedly