自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

仕事で一番大切なことは?


9月23日、本を出版しました!

「仕事をする上で、何よりも大切にしていることは?」

 

そんな質問をされました。なかなか難しい問いです…。
自分の商品価値だと思っている「(企画などを)考える」ことにはこだわっていますし、ニッポン手仕事図鑑の撮影では、職人さんへのインタビューにこだわっています。仕事のスタンスとして、本気になることにもこだわっていて…。そんなふうに考えていくと、答えはいくつもあるな、と。“一番”と言われると難しい。

 

でもひとつ、今日食事をしているときに、頭の中に浮かんできたことがありました。

 

「相手を安心させてあげる」ということに、自分は強く執着しているな、と。
この人に任せておけば大丈夫! と仕事の依頼者に言わせることは簡単ではありませんが、仕事を依頼されるということは、「安心して任せたい!」と期待をされているわけです。

 

仕事を依頼する立場というのは、常に「不安」があるものです。結果が出なかったり、トラブルが起きたり、大切な経費が無駄になったりすると、責任を負わされますから。そう、依頼者はいつも不安。だから、安心させてあげたい。それができれば、また次の仕事もいただけますから。

 

そのために大切なのは、心の中は不安でいっぱいでも、はっきりと自信を持った口調で答えてあげる。不安な表情をせず、余裕の表情を見せてあげる。迷わず、即答してあげる。「大丈夫です!」と常に声をかけてあげる。そう、心の中ではまったく自信がなかったとしても…。

 

安心して任せられる人に、仕事は集まる。みんな不安ですから、安心したい。これからも安心をさせてあげることに、何よりもこだわっていきたい。冒頭の質問の答えは今のところ、こんな感じです。

編集長をやっています。心震える職人さんの映像、たくさんあります!

follow us in feedly