自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

人が集まってくる場所にこそ、可能性が生まれる


9月23日、本を出版しました!

「人が集まってくる場所にこそ、可能性が生まれる。人が集まる場所をつくれる人が、この先の日本を元気にできる」

 

以前参加したイベントで、コミュニティデザイナーの山崎亮さんがこんなことをおっしゃっていました。この言葉がすごく印象に残っています。
山崎さんは地域のコミュニティについてのお話をされていたのですが、私はもっと大きく解釈をして、人が集まる場所にこそ、いい仕事やいい企画が生まれるというメッセージとして受け取りました。

 

だから、人が集まるかどうかを、すごく大切な指針として考えています。成長する企業には、人が集まりますし、可能性があるプロジェクトにも、人は集まる。

 

『ニッポン手仕事図鑑』にも少しずつですが、人が集まってくるようになってきました。
今日もひとり、女性の映像クリエイターが訪ねてきてくれて、来週も経験豊富な映像クリエイターが会いに来てくれます。その他にもハンドメイド品のマーケットプレイスを運営する人、旅行代理店の新規事業を任された人、ショッピングセンターのリーシングを担当している人など、多くの人に声を掛けてもらえるようになってきました。ようやく、もっと成長できるんじゃないかという手応えを感じられるようになりました。

 

人が集まってくる場所にこそ、いいアイデアが生まれ、可能性が広がります。
どうやったら、人が集まる場所をつくれるか? もっともっと真剣に、これから考えていきたいと思います。


つながる技術―幸運な偶然を必然にするには?


ふるさとを元気にする仕事


本日、べっ甲職人さんの映像をアップしました! ぜひ、ご覧ください!

follow us in feedly