自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

何を信じていいのかわからないときに、やってみてほしいこと


失敗が続いたり、人を信じられなくなったり…。
何を信じていいのかわからないときは、誰にもあります。自分の心が弱ったり、軸がブレてしまうと、何を大切にしたらいいのかもわからず、次の行動も見えなくなったりします。一種のパニック状態になる人も少なくありません。

 

そんなときに、やってみてほしいこと。誰か尊敬する人の「名言」をまとめたサイトを探して、直感的に自分が「何かいい!」と反応するものを、リストアップしていく作業です。頭で選ぶのではなく、心で感じたものを選ぶのです。

 

たとえば、私はイチロー選手を尊敬しています。「イチロー 名言」と調べてみると、名言をまとめたサイトがいくつも見つかります。そのまとめの中から、名言を直感でピックアップしてみる。

「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」

「少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事」

「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
 決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる」

「やってみて「ダメだ」とわかったことと、
 はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います」

「しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない」

「プレッシャーはかかる。どうしたってかかる。逃げられない。
 なら、いっそのこと(プレッシャーを)かけようと」

「特別なことをするために、特別なことをするのではない。
 特別なことをするために、普段どおりの当たり前のことをする」

「準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、
 そのために考え得るすべてのことをこなしていく」


そして、そのピックアップした名言をじっと眺めてみると、自分が「小さく前進すること」「諦めない、逃げないこと」「準備をしっかりすること」に反応していることがわかります。そう、これが今の自分がこだわるべきことであり、大切にすべきこと。自分の心が素直に反応したものを信じて、次の行動を起こしてみようかと考えています。

 

正直な話をすると、たまたまイチロー選手の名言をまとめたページを見つけ、ピンと来たものをリストアップしてみたら、自分が大切にすべきものに気付けたので、共有をさせていただきました。何かモヤモヤしたものを抱えている人は、物は試しでやってみていただければと思います。

天皇陛下の枕もつくっていた職人さんの、最後の仕事を映像に残しました。

follow us in feedly