自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「全体的に平均点」では、誰にも選ばれない


本を出版します!9月23日発売予定!

差別化、独自性が大切だと言いながら、実際には「全体的に平均点」を目指してしまっている企業や個人は少なくありません。

 

でも、「全体的に平均点」では、顧客に選ばれ続けるのは難しい…。

 

仕事をお願いしたい人、取引したい企業、行きたいお店などを思い浮かべたとき、“全体的に平均点”の人や企業やお店を、何度も選びたくなるか? 個人的な意見を言わせてもらえば、ハッキリと「No!」です。ひとつの欠点も見せないようにと、すべてにおいて平均点を目指すよりも、多少欠点があったとしても、「おっ!」と思わせる何かがあったほうが口コミで広まったりもします。

 

そう、顧客に選ばれ続けるためには、「欠点がない」を目指すのではなく、「たったひとつのスゴい」を目指すこと。これは意外に忘れがちです。

 

選ばれない企業や個人は、顧客から見て、「“あえて”あなた(の企業)を、“わざわざ”選ぶ理由がない」だけのことです。その選んでもらえる理由が、「おっ!」と思わせるスゴいこと。だからこそ、他の企業や自治体のお仕事をするときも、自分たちの会社をブランディングするときも、個人を売っていくときも、全体的な平均点ではなく、突き抜ける何かを目指すように心がけています。

 

真面目な人ほど、「欠点がない」を目指そうとしてしまいますが、欠点はあってもいいと思っています。大切なのは、「ここだけは負けない」と誇れる何か、です。

天皇陛下の枕もつくっていた職人さんの、最後の仕事を映像に残しました。

follow us in feedly