自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

成長していく企業や事業に欠かせないもの


成長していく企業や事業の条件とは何か?

 

収益性や独自性、永続性、時代性など、大切な要素はいくつもありますが、この質問に対する答えはもっとシンプルに、周囲の人たちに「面白そう」「楽しそう」「ワクワクする」と感じさせられることだと思っています。これは大企業や中小企業を問わず、多くの企業の仕事に関わらせていただき、諸先輩方からビジネスのあれこれを学んできても、ずっと変わりません。

 

大きな利益を上げていても、周囲の人たちから「面白そう」「楽しそう」「ワクワクする」がなくなっていくのと比例して、衰退していく企業をいくつも見てきました。逆に収支的に厳しくても、誰かにいつも「面白そう」「楽しそう」「ワクワクする」を提供していて、「この会社に入りたい!」「この事業に関わりたい!」と思わせている企業は、いつまでもしぶとく、力強く生き残っています。ボロ儲けはしていなかったりしますが…。

 

最近、本当に嬉しいことに、「ニッポン手仕事図鑑に参加したい!」と言って、連絡をくれる人が増えてきました。映像を制作するカメラマンだけでなく、地域活性化の事業を強化していきたい企業からも声を掛けていただいています。でも正直なお話をすると、今はまだ収益がほとんどありません…。それでも手応えを感じているのは、収益よりも“声をかけてきてくれる人の数”を、大切な指針として考えているからです。収益を上げていく仕組みをつくることができても、声をかけてきてくれる人の数が減ったら、たぶんニッポン手仕事図鑑はあっという間に衰退していくと思います。

 

もちろん、事業を継続していくために、収益はとても大切な要素です。でもそれ以上に大切なのは、これから出会う企業や人に、いかに「こいつらと一緒に何か仕事をしたい!」と心から思ってもらえるか。今は何よりもそれを大切にしたいな、と。


天皇陛下の枕もつくっていた職人さんの、最後の仕事を映像に残しました。

follow us in feedly