自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「絶対に無理だ!」と言われる仕事こそ、すぐに着手するべき理由


9月23日、本を出版しました!

今は企画を考えることそのものが仕事になったので、映像、WEB、メディア運営、イベント企画、サービス開発、採用活動支援など、最終的なアウトプットはさまざまです。自分でも何をやっているのか、よくわからなくなるときがあります…。
それはさておき、あれもこれもと仕事をしていて実感するのは、「絶対に無理だ!」と言われる仕事ほど、意外にチャンスがあるということ。

 

どういうことか?
誰かに自分の企画やアイデアを話したとき、即答で「いいね!」と言われる仕事は、成果を出すのが難しかったりします。
「いいね!」と即答できるということは、すぐにいいイメージができるということ。つまり、その仕事を“すでに誰かがやっている”可能性が高いと言えます。誰かがやっているのに、成功しているという声が聞こえてこない…。そこには、何か大きな障がいがあったりするわけです。

 

あるいは、そのアイデアで成功している人をただ無知で知らなかったというケースもあります。その場合は、すでに多くの競争相手がいるということ。当然、結果を出すのは難しい…。そう、すぐに「いいね!」と言われる仕事には、実は結果が出せない何らかの理由があったり、すでに成功者が多かったりするわけです。

 

その反面、考えた企画に「それは無理でしょ…」「ごめん、まったくイメージが湧かない…」と言われたときは、「チャンス到来!」とニヤリとします。イメージが湧かないということは、誰もやっていない可能性が高い。実現できれば、周囲の想像を超える結果、反響を出せたりするからです。

 

「そんな仕事、普通はできないでしょ?」
そんな声が聞こえてきそうですが、ひとつ経験値で言わせていただくと、そういう仕事はやってみると、意外に拍子抜けするくらいに簡単にできることが少なくありません。もちろん、難易度が高すぎて誰もやらなかっただけだった…と涙を流すことも多々ありますが、それでもいいんです。なぜなら、そのプロセスから学べることがたくさんあるからです。

 

「絶対に無理だ!」という仕事は、やってみたら、意外に簡単にできることが多い。そして、想像を超える反響を得られたりもする。当然、むちゃくちゃ難易度が高かったりして泣くこともありますが、そのプロセスで得られた経験は、将来の大きな財産になります。

 

結論。
「絶対に無理だ!」と言われる仕事ほど、すぐにやるべきなのです。

天皇陛下の枕もつくっていた職人さんの、最後の仕事を映像に残しました。

follow us in feedly