自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

だから僕は、はてなブロガーに会いに行く


9月23日、本を出版しました!

昨日、はてなブロガーにお会いしました。はてなブロガーに会ったのは、3人目です。

ちなみに、1人目は…。


そして、2人目は…。

 
昨日お会いしたのは…。


タナカトシユキさんは、それはそれは優しい雰囲気のナイスガイだったのですが、その雰囲気とは裏腹に「自分の仕事で生きていく」という覚悟と強い意志を感じさせる人でもありました。正直、くだらない話も多かったのですが、たくさんの刺激をいただけた貴重な時間になりました。ありがとうございました! 同じ「ものづくり人」として、たまたま同席をした『デザインのはてな』の後輩も、久々に新鮮な時間だったと言っていました(伝言です)。

 

やっぱり、「会いたい人リスト」をつくって、積極的に会いに行くべきなのです。

 

今年一番会いたかった人、指南役 草場滋さんに教えてもらったこと』という記事を書きましたが、今年は昨年よりも積極的に、自分の「会いたい人リスト」に載せた人に会いに行っています。

 

「会いたい人に会う」ことの何がいいかというと、新しい学びや知識が得られて、自分を成長させてもらえるだけでなく、モチベーションが思いっきり上がるのです。モヤモヤしたものを吹き飛ばしてくれて、明日も頑張ろうと思える力をいただけるとでもいいましょうか。
今までお会いしたはてなブロガーはどなたも自分の世界をしっかりと持っている人で、「何か一緒にやりましょう!」と思える人だったので、出会えたことを心から感謝しています。もっともっと、はてなブロガーに会ってみたいな、と。

 

誰かと会うきっかけなんて、何でもいいのです。
今日、ニッポン手仕事図鑑“初”の「仕事旅行」を開催したのですが、参加者の方はカメラの技術や知識を得られただけでなく、職人さんに会う、話を聞く、という貴重な経験をしました。この経験はきっと、これからの人生の大きな財産になるはずです。

 

「会いたい人リスト」をつくって、どんどん会いに行く。それが自分を成長させて、毎日を楽しく生きる秘訣なのです。


天皇陛下の枕もつくっていた職人さんの、最後の仕事を映像に残しました。

follow us in feedly