自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

仕事ができないから不安になるのではなく、準備不足だから不安になる


9月23日、本を出版しました!

「ああ~、この人、すごく不安なんだな…」

 

日々、たくさんのビジネスパーソンとお会いしていると、そのように感じることが少なくありません。
自分自身が抱いている「不安」という感情は、本人は隠しているつもりでも、周囲の人はビンビンに感じ取っています…。隠せていると思っていても、実は隠せていないのです。つまり、自分が不安になっていると、一緒に仕事をしている相手が不安になっていたり、心配をさせてしまっていると考えたほうがいい。でも、プロとして仕事をしている以上、やっぱりそれは避けたいものです。

 

不安は意外に隠せない。だったら、自分の心の中にくすぶる不安を、極力小さくするしかない。では、どうすればいいのか?

 

個人的には「徹底した準備」しかないと思っています。

 

そう、常に不安な人は、常に準備が足りない。言い換えると、あまり不安を感じない人、「これでダメだったら仕方がない!」と覚悟が決められる人は、徹底的に“影で、時間をかけて”準備をしているだけです。誰でも仕事をしていれば、怖くなることもあります。だからこそ、不安がなくなるまで、諦めずに、妥協せずに、準備をするしかないのです。

 

「まだ経験が足りなくて…」
「まだスキルがなくて…」
「まだ教わっていなくて…」

 

いやいや、それは言い訳です。ただの準備不足なだけ。と、自分に言い聞かせて、今日も「この企画は、相手の期待以上のものか?」という不安と戦っています。

編集長をやっています。鋳物職人さんの映像をアップしました!

follow us in feedly