自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

やりたい仕事がない人へ


「やりたい仕事がない」
「自分のやりたいことが見つからない」

 

そういう人は、少なくないと思います。
では、私が何か素晴らしいアドバイスができるかと言えば、残念ながらそんなことはありません…。ただ、何をしたらいいかわからない人に対して、個人的にオススメしたいことがあります。今日はそんなご提案を。

 

その提案とは、「ディズニーランドで働いてみよう」ということです。

 

実は、つい先日取材をさせていただいた職人さんも、映像制作の相談をしてくれたブライダル系企業の起業家の方も、ディズニーランドで働いた経験がある人でした。
おふたりと話してみて実感したのは、伝える能力が高く、間の取り方もとても上手だということ。そして、表情が優しい。何より、話していて気持ちがいい。それがどこで培われたかを聞くと、「ディズニーランドです」と即答してくれました。

 

もちろん、華やかな表舞台からは想像できないような、厳しさもある職場だとは思います。それも含めて、ディズニーランドは人を成長させてくれる場所なんだな、と。その人たちがたくさんの人に応援してもらえて、ビジネスを成長させていることに、ディズニーランドで働いた経験が貢献しているのは間違いありません。

 

とはいえ、ディズニーランドは競争率も高く、距離的な問題で働けない人もいます。でも、人との接し方や立ちふるまい、おもてなしの心をしっかりと学ばせてくれる仕事先は、ディズニーランドだけではありません。すぐに思いつくだけでも、ホテル、レストラン、デパート、結婚式場など、いくつもあります。

 

まだやりたい仕事がないときは、そういった仕事をしてみてはいかがでしょうか。
やりたい仕事が見つかったとき、必ず役に立ちます。たぶん、想像以上に。

編集長をやっています。鋳物職人さんの映像をアップしました!

follow us in feedly