自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

仕事が終わったあとに、本当の実力は見えてくる


9月23日、本を出版しました!

「日本の布の衣」の職人、小川昌美さんからお手紙をいただきました。

 

お手紙の内容は、「お礼」です。
先月、『ニッポン手仕事図鑑』のイベントを小川さんと開催したのですが、その手紙には百貨店での催事という、はじめてのチャンスを与えてもらえたことへの感謝の言葉が綴られていました。チャンスを与えてもらったのは、実はこちらだったりするのですが…。

 

小川さんは本当に素晴らしい人だな、と感動したのは、イベントを企画した私だけでなく、販売スタッフを手配してくれた人はもちろん、たった数時間、設営の準備を手伝った人にまで、同じように分け隔てなく、感謝の手紙を送っていたことです。これをできる人は、なかなかいません。でも本人はたぶん、ごく自然にそれをやっている。

 

誰にも同じように、感謝の気持ちを伝える――

 

丁寧な仕事で、着る人を幸せにする衣服をつくり続ける小川さん。職人としての実力があるのは十分わかっていましたが、本当の実力というか、人としての凄さみたいなものは、仕事が終わったあとに見えてくるものなんだと、改めて教えてくれました。

 

私の周囲の実力がある人たちも、ひとつの仕事を終えたあと、関係者に感謝の気持ちを伝えるアクションを起こしていたり、仕事を通して学んだことをすぐに部下や後輩に教えたり、その仕事がもっとよくなるように影で動いていたりします。まるで「仕事は、終えてから本番!」と言わんばかりに。

 

本当の実力は、仕事が終わったあとに見えてくる。そう考えると、自分もまだまだだな、と気を引き締める今日この頃です。

 

編集長をやっています。

follow us in feedly