自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

失敗者と出会おう、その逆を行こう


9月23日、本を出版しました!

「成功者を真似るのでなく、失敗者の逆をやる」
こんな言葉を、とある書籍の目次で見つけました。

 

何をもって“成功者”と呼ぶかはさておき、成功者に話を聞いたり、著書を読んだりすることで、自分を成長させている人、仕事がうまくいくようになった人は少なくありません。

 

その半面、成功者の真似をしても「仕事がうまくいかない…」「成長できない…」という人が多いのも事実です。そんな状況に陥ってしまったときは、成功者の真似をすることをやめ、失敗者の逆をやってみてもいいと思います。視点や行動を変えてみることで、パッと視界がクリアになることは多々あります。

 

ただ、周囲から失敗者と呼ばれるようなドラマティックな人と、そう簡単に出会えるものではありません。でも、身近に“失敗者だった人”は意外に多かったりします。どんなに成功している人だって、どんなに仕事ができる人だって、“失敗者だった時期”は必ずあります。成功したと言われる人ほど、失敗者としての貴重なエピソードをいくつも持っているものです。そういう人をとにかく探して、会って、たくさん話を聞いてみる。そして、その失敗者の逆をやってみるのです。

 

最後にもうひとつ付け加えると、一番身近な失敗者は、過去の自分です。
そんな自分自身から学べることも、たくさんあります。過去の失敗者である自分と、逆のことをやってみる。それでうまくいく人が多いのは、それが「経験」だからです。

 

つまり、たくさんの失敗をしている人のほうが、未来は明るいということです。

 

編集長をやっています。イベントレポート動画もぜひご覧ください!

follow us in feedly