自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

突然仕事がなくなってしまう時代に、今やっておくべきこと


本を出版します!9月23日発売予定!

「自分の仕事は、自分でつくる」というタイトルをつけたブログで記事を書きながら、自分の仕事をつくるとはどういうことかを、自分なりに考えてきました。

 

今は突然、仕事がなくなってしまうことも珍しくない時代。会社がいきなり倒産してしまうこともあれば、自分の仕事がコンピューターに奪われることもある。自然災害だって、もはや他人事ではありません…。どんな状況になったとしても、生きていくためには自分自身で、新たな仕事をつくっていかなければなりません。

 

では、今の自分にどんな準備ができるのか?

 

自分も日々変化すれば、時代も刻々と変わっていく。万全の準備というものはたぶん、存在すらしないと思います。でも、できることは少なからずあります。そのひとつが、共感してもらえる行動を起こすこと。そして、丁寧に仕事をすること。

 

日々どのような仕事をしているか。どのような姿勢で仕事に取り組んでいるか。どのように人と接しているか。そのひとつひとつに、共感してもらえる人とそうでない人の境界線があります。共感をしてもらえる人は、どんな状況になっても、人や仕事が集まってくる。勉強や経験を積めるチャンスも。言うは易しですが、大切なこと。先行きが不透明な時代に、これ以上の準備はないと、個人的には考えています。

 

そしてもうひとつ。

高いレベルで仕事をするよりも、丁寧に仕事をしていくことのほうが、圧倒的に価値があるのだと思うようになりました。事実、スキルの価値も急激に変化してしまう今、丁寧に、思いやりを持って仕事をする人が求められています。

だから、日々の仕事をもっと丁寧に、もっと思いやりを持って…。

 

自分の仕事を自分でつくれる人とは、そんな人ではないでしょうか。

 

今日、新しい動画をアップしました! 

follow us in feedly