自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

プロモーションの極意を教えてくれた人


9月23日、本を出版しました!

ニッポン手仕事図鑑で紹介させていただいている「和紙の花 あいりぃ」さん。1500年という長い歴史を誇る越前和紙を使い、和紙の花をひとつひとつ丁寧に仕上げていく素敵な手仕事をされています。詳しくはぜひ、ニッポン手仕事図鑑をご覧ください。

 

そのあいりぃさんが東急百貨店の本店(4階)に期間限定店舗を出されているので、ちょっとご挨拶に伺ってきました。 

f:id:igooke:20150507202446j:plain

f:id:igooke:20150507202453j:plain

母の日に向けたギフトということで、色とりどりの和紙の花が並んでいました。

中でも個人的にオススメなのが「和紙フラワー ホームフレグランス」。実は会社のデスクにひとつ置いてあるのですが、和紙の花がイエローローズのアロマオイルを吸い上げて、何ともいい香りが漂っています。真っ白な和紙の花が、少しずつアロマオイルで色づいてくる様子もすごく素敵で…。これは母の日のギフトとして、喜ばれるだろうな、と。

 

さて…。ただのレポートで終わるのはつまらないので、そんなあいりぃさんが教えてくれた教訓をひとつ。

 

あいりぃさんはこの東急百貨店だけでなく、ひっきりなしにオファーが来ています。少し前まで(失礼ながら)無名だった方がなぜ、ここまで一気に注目をされるようになったのか。ソーシャルメディアの活用が上手? ニッポン手仕事図鑑のおかげ? 残念ながら、そうではありません…。

 

あいりぃさんが多くの人に注目されるきっかけになったのは、ギフトショーに出展をしてからでした。

小さなブースをかまえて、興味を持った方にひとりひとり丁寧に想いを伝えていく。来た人は写真では伝わらない実物の魅力に触れて、どんどんと惹かれていく…。

 

そう、ソーシャルメディアではないんです。映像でもないんです。大切なのは、ひとりひとりの顔をしっかりと見つめて、自分の言葉で想いを伝えていくこと。それ以上のプロモーションはないのです。

 

そんな大切なことを教えてくれたあいりぃさんの出店のお手伝いできて、すごく嬉しかったです。その出会いに感謝です。

 

新しい動画をアップしました! 

follow us in feedly