自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

仕事で結果を出すために、何よりもこだわりたいこと


9月23日、本を出版しました!

去年は本当にありがたいことに、多くの人の支えもあり、目標としていた結果が残せた1年でした。もちろん、期待に応えられず、がっかりさせてしまったこともありました…。失敗もしました…。でも、トータル的には満足できる1年になりました。

 

何がよかったのかということを、年末から年明けにかけて、ずっと考えていました。ようやく、やっと答えらしき答えが出てきました。

仕事は当然、ひとりではできません。自分ひとりの力では限界がありますので、人の力を借りなければなりません。「人に支えてもらった1年だったなぁ」と振り返っているときに、ふと思ったこと。去年はいつも以上に、「この人と一緒にやってダメだったら仕方がない」と心から思える人と仕事がしたい! それに強くこだわったと思います。

 

昨日お会いをした、いつもお世話になっている中小企業の社長さんも「何をやるかを決めてから、誰とやるかを決めるのではなくて、誰とやるかを決めてから、何をやるかを考えたほうがビジネスは成功する」とおっしゃっていました。結局は人、なんですよね。人がいないと何もできません。言い換えると、人さえいれば、どんな状況でも何とかなる(と、信じています)。

 

時間、コミュニケーション、道具、考え方、姿勢、ワークライフバランスなど…仕事において、誰でも何かにこだわりを持っていると思います。何にこだわるかは十人十色。個人的には今年はやはり、「誰とやるか」に徹底的にこだわりたいと考えています。

 

何をやるかではなく、誰とやるか。そこさえブレなければ、仕事はもっと楽しくなって、結果もついてくる…きっと。

 

よく読まれている記事です