自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

何よりも効果的な営業活動


9月23日、本を出版しました!

まずはお礼から。

 

昨日たくさんの方に記事を読んでいただき、応援のメッセージもいただきました。

(掲載している動画はどれもオススメです!)


ニッポン手仕事図鑑、はじまります - 自分の仕事は、自分でつくる

 

 残していくべき手仕事、魅力を発信していくべき手仕事が日本にはたくさんあると思いますので、微力ながらにそのお手伝いができればと思っています。

掲載する動画は随時募集しておりますので、そういった動画をご存知の方はお気軽にご紹介ください。

 

さて、今日はごくごく当たり前の話なので、恐縮してしまう内容です…。ただ、来年もこの当たり前の、だけど何よりも大切なことを心に刻みこんでおくために、しっかりとアウトプットしておこうと思いました。

 

今年1年、本当に強く強く感じたのは、今、目の前にある仕事をしっかりと、丁寧に、心を込めてすることほど、次につながる営業活動はないということです。継続的に仕事をくれる人、新たにチャンスをくれる人がなぜそうしてくれるのか? 答えはしっかりと、丁寧に、本気で、心を込めて仕事をやっていたからです(という言葉をいただけました)。

 

その半面、自分自身の仕事に対して「物足りなさ」「不満」を感じた人もいたはずです。なぜ、そう思わせてしまったのか。どこかで手を抜いていたり、甘えが出ていた部分があったからです、きっと。ここは大いに反省するところです。

 

周囲を見渡してみると、企業単位でも、個人レベルでも、「うまいことやってやろう」という人は淘汰されているように感じます。悪い言い方をすると「ごまかす人」です。あらゆることをシビアに、冷静に見て判断する人が増えたので、そうそう「うまいこと」はやれないんです。ごまかせもしません。だったらもう、丁寧に、本気で、心を込めて仕事をするしかない。

 

でも、それがちゃんと伝われば、仕事やチャンスはしっかりといただけます。要するに、やるかやらないか、です。「何よりも効果的な営業活動」が何か、みんなわかっていること。そう、あとはやるだけです。