自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

あなたのそのひと言にも「影響力」があります


9月23日、本を出版しました!

ビジネスマンには誰でも、大なり小なり影響力があります。

例えば、A社の新入社員のBさんが、下請けのC社の担当者に「もうしばらくお待ちください」と伝える。その結果、C社の数名の社員のスケジュールが変わったりします。そういうことです。

 

私はコピーライターの下積み時代、クライアントのひと言で代理店や印刷会社、制作会社がどんなに振り回されるかを見てきました。なので、仕事を発注をするクライアントの立場に立ったときには、そのひと言の影響力を考えて、発言してきた(つもりです…)。

ただ、クライアントにはクライアントの事情もあるので、制作会社の立場からはわからないことも多々ありました。それぞれの立場ならではの苦悩があるものだな、と。難しいものです…。

 

いずれにしても、ビジネスという輪の中にいる以上、誰にでも少なからず影響力があります。それは社外だけではなく、社内でも。決して人のことは言えないと前置きをしつつ、あえて言わせていただくと、その影響力に鈍感な人が多いような気がします。

 

「連絡します」と言えば、待っている人がいます。「仕事が終わらない…」とつぶやけば、心配する人がいます。「頑張ります!」と微笑めば、応援してくれる人がいます。そのひと言ひと言が、誰かの感情を少なからず動かしています。

 

だからこそ、そのひと言ひと言をもっと大切に、もっと丁寧にしたいと思う今日この頃です。