自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ユーザーレビュー依存症になっていませんか?


ユーザーレビューに依存している人、もっと大げさに言えば、崇拝している人が増えている気がします。

 

私が時々紹介する「ココナラ」でも、ユーザーレビューの効果で依頼も増えましたし、ユーザーレビューを見て、「直接、会いたい」と言ってきてくれた人もいました。そういった経験もあるので、ユーザーレビューの「強さ」を実感しています。ビジネスにおいても、ユーザーレビューは確かに重要な要素です。

 

ただ、自分で実際に見たその事実よりもユーザーレビューを重視したり、身近な人の声に耳を傾けることを忘れている人が増えているような気が…。ユーザーレビューとは「見知らぬ誰かの感想」です。なぜそれを無条件に信じられるのか。それは、すごく危険です。例えば、本。立ち読みした自分の感覚よりも、周囲の人の感想よりも、amazonの不特定多数のレビューを信じていたりする。多数決ということでしょうか…。

 

amazon、楽天、食べログ、価格.com、トリップアドバイザー、アットコスメ…。
今、レビューやクチコミが求められています。有益な情報源であるのも事実。ですが、何よりも信じるべきは、やっぱり自分自身の経験や感性です。「自分の視点」がなくなってしまうと、自分を信じられなくなり、何も決められなくなってしまいます。それに慣れてしまうと、仕事でも人に意見を聞かないと何も決められなくなり、自分の判断を信じられなくなります。

 

自分を信じられなくなるほど、悲しいことはありませんし、自分で何も決められなくなるのは、すべてのことをつまらなくすると思うのです。
自分の直感、感性を信じましょう。