自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「日本一、椎茸の焼き方にうるさいお店」に学ぶ


9月23日、本を出版しました!

食品通販バイヤーのイッシーさんがご自身のブログで、「日本一椎茸の焼き方にうるさいお店」を紹介されていました。北海道のすすきのにある居酒屋さんなのですが、北海道に行く機会があったら、ぜひ立ち寄って、叱られてみたいなと思わせてくれる記事です。世の中、知らないお店はまだまだあるものです。

 

ちょっとしたことを徹底的にやると圧倒的になる~日本一椎茸の焼き方にうるさいお店|食品通販バイヤーイッシーの売れる売り方ブログ

  

詳しくはブログをご覧いただくとして、イッシーさんがおっしゃっているように、「独自性=トンガリ=目立つこと」はとても大事です。これは企業だけではなく、個人も同じ。自分が何にこだわっていて、何を得意としているのか。独自性を見つけるための努力とともに、それを発信していくことが重要です。

 

「日本一」とまでは言えなくても、「会社一」だったり、「部署一」だったり、「チーム一」でもいいと思います。しかも、直接的に仕事に関わることではなく、「ランチにこだわる」「バイクが好き」「お金に細かい」「猫が好き」「文房具に詳しい」「ネクタイにこだわる」「収納フェチ」なんでもいいんです。とにかく「◯◯一」と誇れるものを見つけて、積極的に、恥ずかしがらずにアウトプットしていく。

 

それを続けていくと、「化学反応」が起こる日が来たりします。
起業するきっかけになったり、思わぬ形で有名人になったり、好きなことで生きていけるようになったり…。小さな単位でなら、誰でもひとつくらいは「◯◯一」が見つかったりしますので、積極的にアウトプットしていきましょう。

 

そう、化学反応が起こる日まで。やらないと、何も起こりません。