自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

半人前の戦略


9月23日、本を出版しました!

まずは余談から。

いつも通っている美容院でのこと。ずっとお願いしていたスタイリストさんが辞めてしまったので、別のあるスタイリストさんに初めてお願いをしました。初めての人は誰でも不安になるものですが…。でも、このスタイリストさんは瞬間的に安心させてくれました。

 

なぜ、瞬間的に安心できたのか?

それは「自分の考え、自分の意見をしっかりと言えて、相手に何とか伝えようと本気になれる人」だったからです。

 

相手の要望をしっかりと聞き、それを踏まえて「自分はこう切ったらいいと思う」「その切り方にはこんなメリットがある」と、一生懸命に話してくれました。それも、自信満々に。満面の笑みを浮かべて(何度も書いていますが、やっぱりここが大事!)。結果的には、他のスタイリストさんと大きく満足度は変わりませんでしたが、次もお願いしようと決めています。それは、次に何か新しいリクエストをしたとき、「期待ができる」からです。

 

ビジネスマンは誰でも、誰かとよく「比較」をされます。それは職種を問わず、社内外を問わず、比較をされます。比較をされるということは「同レベル」であり、「比較対象」でもあるということです。言い換えると、レベルの違う人と比較をされることは多くありません。つまり、同レベルの比較対象の中で、いかに勝ち残れるかが多くのビジネスマンにとっては重要なわけです。

 

だからこそ、「(同レベルの中でも)期待ができる」と思わせることが大切なのです。自分の考え、自分の意見をしっかりと言えて、相手に何とか伝えようと本気になることが大切なのです。もちろん、相手を不安にさせず、自信満々に見せることも。そして、笑顔も。

 

スキルや経験が半人前でも、上司や先輩、経験豊富なクライアントに期待してもらうことはできる。その期待が次のチャンスにつながり、結果につながり、自分自身の成長につながります。成長があると、日々はもっと楽しくなります。