自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

自分を売り込む力を高める最高のトレーニング


9月23日、本を出版しました!

自分を売り込む力を高めるために、「これはいいトレーニングになる!」と実感した方法があります。

それは「他人を売り込んでみる」こと。

今年はたまたま、ECサイトのMDをやりたい人、バイヤーになりたい人、プロダクトデザイナーとしてさらに上を目指したい人…と、3人から立て続けに「新しい環境に行きたい」「次のステージに進みたい」との相談を受けました。
すごく優秀な3人なので、少しでも力になれればと、いくつかの企業や人に、彼らを売り込んでみたのです。

結果的に2人は次のステージに行くことができ、もうひとりも大きなチャンスを掴めそうなところまで来ました。スキルもモチベーションも高い3人なので、この結果は驚くことではないのですが…。

でも、トントン拍子ではありませんでした。

売り込んだ先の担当者は、当たり前のことですが、慎重に、真剣に、いろいろなことを考えるんだと改めて学びました。

スキルや経験があっても、こんなところに不安を覚えるのか…。反対に、こんな意外なところに魅力を感じるのか…。発見がたくさんありました。

人柄、求められているスキル、評価するポイント、不安に思うことなどは、こちらの視点とは少し違う…。売り込む方はここを伝えたい、知ってほしいと思っていても、反対の立場に立てば聞きたいことが変わるのは当然のこと。

これは新規で自分を売り込むときも同じことが言えるな、と。

相手には「実はここが知りたい」というポイントがあり、それを客観的な視点で判断しなければなりません。他人を売り込むときでさえ難しいのに、自分のこととなるともっと難しい…。

だから、まずは他人を売り込む。それを繰り返すと、少しずつですが商談の場で、「相手が本当に知りたい、自分のこと」がわかるようになってきます。