自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「余裕」と「慣れ」の間


9月23日、本を出版しました!

反省しています。

 

今日、インタビューの仕事がありました。適当にやっていい仕事なんてひとつもありませんが、インタビューの仕事は特に、自分の中では大切に、丁寧にやらなければならない重要な仕事です。企画立案とインタビューを丁寧にやるからこそ、いただけている仕事がいくつもあるにもかかわらず、今日のインタビューは個人的にはまったく納得がいかず…。後悔すらしています。

 

特に大きな失敗をしたわけではないのですが、もう少し本音を引き出す余地があったのに…。もう少し、働く女性の視点、母親の視点から、映像を観る人が勇気づけられる言葉を引き出せたはずなのに…。こんな後悔を、終わった直後からしているわけです。今日、ずっと。

 

では、なぜこんな後悔をする結果になったのか。

それは「慣れ」による「油断」があったからだと思います。経験を積むと、心に「余裕」が生まれます。その余裕は現場での柔軟な対応ができるようになり、視野も広がり、結果的に仕事のクオリティが上がります。でも、余裕があり過ぎると、時にそれは油断になり、仕事のクオリティを下げることにもなります。今日は完全に油断をしていました。

 

今日の仕事は同じクライアントの、何回目かのインタビューの仕事。やることも、担当者も、現場の雰囲気も、言葉の引き出し方も十分すぎるくらいにわかっていたので、余裕が油断に変わっていたのだと思います。周囲の方にはわからない、気付かれないことかもしれませんが、まだまだできた準備があり、いい意味での緊張感も集中力も、もっともっと高めることができたはずです。

 

こういう「詰め」を徹底できる人が、本当の意味でのプロ。まだまだだな…と、反省といい勉強をさせていただいた1日でした。

でも、こういう経験があるからこそ、成長はできるし、次はもっとよくなるはず。同じことを繰り返さないことが、本当のプロ。最後はポジティブに終わります。