自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

稼いでいる人


9月23日、本を出版しました!

某大手有名不動産会社に勤務する、事業戦略部門のマネージャーとお仕事をさせていただいています。撮影の合間の雑談中、その方がこんなことをおっしゃいました。「心の距離を縮めるスピードは、地位や年収と比例する」。巨大組織の会長にも一目置かれるだけあって、言葉に説得力があります。

 

一見、がさつに見える風貌ですが(いい意味です。大胆に見えるというか、男らしくスポーツマン)、やっていることは、実に繊細。ミラーリング効果をうまく利用したり、相手の興味のあることを事前に(徹底的に!)調べたり、失礼にならないギリギリのフランクな口調で話したり(これはかなり高度な技術)と、周囲には人柄で心の距離を縮めていると思わせつつ、実はかなり緻密な計算の上で行動をしています。

 

心の距離を縮めるスピードが必要なのは、対経営者や上司だけではありません。この方がすごいのは、新入社員はもちろん、外部の業者との心の距離を縮めるのがうまく、そのスピードもとにかく早い。新入社員からはなかなかいいづらい意見が上がってきますし、外部業者も「よし、やってやるか!」と、いい仕事をしてもらえる。いや、本当にすごいんです。

 

しかも、普通の人だったら「それ、営業? いいよ、別に…」と思われるトークでさえも、聞く耳を持ってもらえ、しかもその距離感で話をするので、むしろそんな話をしてくれたことに感謝したくなる。同じことを言っても、煙たがられる人もいれば、感謝される人もいる。心の距離を縮めるスピードが早い人は、同じ行動でも差がつくものだと思い知らされます。地位や年収が上がっていくのは当然のこと。

 

ミラーリング効果だったり、情報収集力だったり、雑談力だったり、ユーモアだったり…心の距離を縮める方法はいくつもあると思いますが、ひとつだけ絶対に欠かせないことがあります。その方も、それが一番の魅力。

 

答え、笑顔。笑顔がなければ、心の距離は縮まりません。