自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「ハッタリくん」に、仕事は集まる


9月23日、本を出版しました!

「ハッタリくん」と書くと、少し聞こえが悪いのですが、ここで言いたい「ハッタリくん」とは、少し自信がない仕事に対しても、余裕の表情を浮かべながら「何も問題ありません。大丈夫です」と、自信満々に言い切れてしまう人のことです。内心、ヒヤヒヤでも…。

 

意外に忘れてしまいがちですが、仕事を依頼するクライアントの担当者は、大切なお金を払って依頼するわけですから、受注する側よりも不安がたくさんありますし、自信もなかったりします。実際に私も数億円の広告費の運用を任されていたとき、成果が出なかったら…と考えては、眠れない夜を過ごしたこともありました。

 

依頼される側はお金をいただけるわけですが、依頼する側はお金を「支払う=失う」わけです。だからこそ、「この人なら大丈夫だ。任せられる」と思える人に、仕事をお願いしたいのです。

 

内心はヒヤヒヤで、自信がなくても、不安な表情を見せない。見せちゃダメなんです。自信を持って、「大丈夫です!」と言えるハッタリくんになって、クライアントを安心させてあげる人がプロ。そういう人に、仕事は集まってくるものです。もちろん、言ってしまったらやり切らなければならないので、そこから苦悩は続くわけですが…。

 

ただ、ヘーベルハウスのCMではありませんが、「考えよう。答はある」なんです。考えれば、答えは見つかります。そう信じて、クライアントの前ではハッタリくんになって、安心をさせてあげる。もし結果がよくなくても、命までは取られませんから。