自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

企画力のある人は、例外なく「この思考」


9月23日、本を出版しました!

個人的に「絶対に間違いない」と確信していることがあります。

 

「よい企画は、ひと言で伝えられる」

 

これは、間違いなく断言できます。
ひと言で伝えられる企画というのは、言い換えると、しっかりと考えが整理できている企画。ターゲットがはっきりと見えている企画。共感してもらえるコミュニケーションができる企画。つまり、ブレないコンセプトがある企画。

 

私が尊敬するクリエイターの方々の書籍にも、企画の考え方を指南する書籍も新旧を問わず、同じことが書かれています。自分自身も日々の仕事を通して、身をもって実感もしていることでもあります。だから、「よい企画は、ひと言で伝えられる」が間違いないと断言できるのです。

 

「よい企画は、ひと言で伝えられる」ということを日々念頭に置きながら仕事をしていると、はじめはうまくいかなくても、少しずつ「ひと言で伝えられる」企画を考えられるようになり、評価をしてもらえるようになります。そして、上っ面ではなく、本当に意味で仕事ができる人が誰かも見えるようになってくる。

 

日々、そういった視点で物事を考え、自分自身を鍛えているか。業種や職種、ポジションや年齢、性別を問わず、社会人なら「企画」は誰もが考えること。この視点で仕事をすると、確実に成長することができます。そして、おまけにプライベートも楽しくなる。これも確信を持って言えることです。
あなたのその企画は、ひと言で伝えられるでしょうか?


「考え方」の考え方 すぐれた企画は30秒で伝わる


企画は、ひと言。

 

成蹊大学で「情報発信がもたらす縁」をテーマに授業を行いました!


「SUUMOタウン」に寄稿しました!


トークイベントをやりました!

—————————————————————

映像制作、講演・セミナー、執筆等のご依頼は、
office.watermanあっとまーくgmail.com
まで、お気軽にご連絡ください。
「ニッポン手仕事図鑑と一緒に何かやりたい!」
という方からのご連絡もお待ちしております。

その他、個人的な相談や、
ブログで書いてほしいことなども、
随時募集しております!
プロフィールページ」はこちらから。
—————————————————————


ニッポン手仕事図鑑