自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「レディくる」が熱い


9月23日、本を出版しました!

「レディくる」というサービスを展開している企業があります。今日、その創業メンバーの方とお会いをしました。

 

サービスの内容は調べていただきたいのですが、「レディくる」のビジネスモデルはすごくシンプルで、コンセプトが強いです。そして何より、今の時代に求められていると思います。

 

とにかくアプローチ企業との接触頻度を増やし、信頼関係を構築し、何でも言ってもらえる「御用聞き」になる。そして、ぽつりぽつりと出てくる課題や悩みに対して、即座にベストなパートナー(企業)をマッチングさせる。依頼する側にも、依頼される側にも「損はさせない」と配慮されたビジネスモデルで、おまけ的なメリットもあります。非常に面白いし、いろいろと学ばせてもらえるビジネスモデルだな、と。

 

人には群れを育むという本能のようなものがあり、お客様との関係性をいかに「深く」「密度濃く」育むことができるかが、今後企業として生き残っていけるかどうかのキーワードになると確信しています。どうしても新規顧客の開拓に目が行きがちですが、既存顧客との関係性の構築こそが、ビジネスを発展させます。「出会い」も大切ですが、やっぱり「つながり」です。

 

「群れを育む(=ザイオンス効果)」ことに焦点をあて、信頼を構築することそのものを「商品=価値」にする。ビジネスモデルは真似できなくても、この考え方、発想、思想は取り入れていくべきだと思いました。「レディくる」、熱いです。

 

【追記】
ネットの評判を見ると賛否あるようですが、地方自治体の映像制作のチャンスをいくつも与えてくれるテレビ局系列の企業を紹介してくれたのは、他でもないレディくるです。個人的にはとても感謝しています。だから、もっと頑張ってほしいのですが…。