自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

決断できない経営者は、現場の◯◯を奪う


「時間が足りない」と、

従業員に言われる経営者は少なくありません。

 

その原因をたどっていくと、

実は経営者自身に行き着くことが非常に多いように思います。

 

どういうことか?

 

例えば、「これで進めよう!」と、

社内で意見がまとまった企画があるとします。

経営者自身もその企画で進めるべきだと考えています。

なのに、「念のために、他の案も考えてみて」と。

 

このひと言で現場は1〜2日、あるいはそれ以上の時間をロスします。

で、また次のステップに進むと、

「もう少し、他にもいいアイデアがないかな…」と。

そしてまた、現場の時間は…。

 

「決断」ができずに、「先延ばし」にするひと言が、

現場の貴重な時間をじわじわと奪っていきます。

ついでに「やる気」さえも奪っていきます。

 

詰めて考えることも必要ですが、

経営者は適切なタイミングを見極めて、

現場のスタッフの背中を押す「決断」のひと言を、

はっきりと言ってあげなければなりません。

 

「決断」か「再検討」か。

その判断力と決断力こそが企業のトップに求められる力だと、

ここ最近、強く痛感しています。

 

————————————————————————————————————————————

中小企業経営者の愚痴や悩みを聞かせていただいています。匿名でどうぞ。