自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

集客セミナーって、やる価値があるの?


「セミナーってやる価値があるのかな?」

そんな相談を受けました。

 

中小企業のWEBマーケティングのひとつに、

「無料の集客セミナーをやってみる」というものがあります。

 

見込み客となる企業にとっては学びが得られますし、

新規顧客を増やしたい企業にとっては、

大きなコストをかけずに見込み客と会うことができます。

しかも、クライアントが生徒になり、

受注する側が先生という立場になるため、

契約後もいい関係性が気づけることにもつながったりします。

 

営業電話を掛ける、セールスツールを送る、

飛び込み営業を行うといった営業活動に比べて、

効率的な営業戦略であるのはもちろんですが、

参加してもらう側も参加する側もいろいろな意味で

心理的なハードルが低いということがあるため、

さまざまな企業が実施しているのだと思います。

 

それでも、実際にやってみる企業とやらない企業はあります。

*「やらないなんてありえない」とまではいいませんが、

 新規顧客の開拓に苦戦しているのであれば、

 1度はやってみる価値はあると思います。

 うまくいかなくても学びは絶対にありますから。

 

では、やらない企業はどこで躊躇するのか。

 

その理由は、

「人が集まらない」「テーマが決まらない」「うまく話せない」です。

 

まずは「人が集まらない」ということですが、

これは30、40、50名というレベルの規模を考えているからです。

初回は3〜5名くらいでかまいません。

むしろ、その後に個別相談などを行い、

新規の契約に結び付けたいという狙いがあるのであれば、

そのくらいの人数のほうがいいかと思います。

 

ちなみにセミナーはあくまでも勉強会です。

セールスはその後の個別相談やお渡しする資料等で行います。

セミナーそのものを営業活動にしてしまうと確実に失敗します。

 

続いて「テーマが決まらない」についてですが、

一番自分が話すことが得意な内容でかまわないと思います。

失敗談を話すのが一番得意だということであれば、

そういうテーマでまったく問題ありません。

 

「こんな内容で喜んでもらえるかな…役に立つかな」と悩む方もいますが、

その内容で役に立つ人もいれば、役に立たない人もいます。

それは参加する人が決めること、と割りきってください。

 

メインテーマやサブ的な雑談ネタ(失敗談や体験談)をいくつか話してみて、

まずは反応を見てみることが重要だと思います。

「あれっ、こんなことが意外に受けるの?」という気づきがあるはずです。

 

そして最後は「うまく話せない」です。

大切なのは、話し方のテクニックではなく、

丁寧に伝えるという気持ちです。

百戦錬磨の方と同じように話せるわけはありません。

そこは無料なんだから!ということで開き直りましょう。

 

ただし、貴重な時間を割いて来てくれるわけですから、

自分が提供できる最大限の密度を目指すことに対しては、

決して妥協してはなりません。それは絶対です。

 

————————————————————————————————————————————

中小企業経営者の愚痴や悩みを聞かせていただいています。匿名でどうぞ。