自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「◯◯するしかない」は危険なワード。


今日のテーマは、

「◯◯するしかない」という言葉を多用する人は、

意外に思考が停止している、です。

 

力強く「もう、◯◯するしかない」と言われると、

何と頼もしいことかと思ったりしますが、

ふたを開けてみると、他の方法を考えていない…という人が多いと感じます。

 

もちろん、いろいろと考えた結果として、

「◯◯するしかない」と決断する経営者やリーダーもいます。

 

だから私も、「◯◯するしかない」という経営者やその下のスタッフの方に、

「どうしてそう思ったんですか?」と根掘り葉掘り聞きます。

ちょっと聞いただけだと、それっぽい答えが出るので、

根掘り葉掘り聞いてみるのです。

すると、「あれっ、そこまで深く考えていないんじゃないの?」ということも…。

 

耳を澄ましてみると、

意外に「◯◯するしかない」という言葉が職場に蔓延しているかもしれません。

それが自分の口から聞こえてきたときは、

根掘り葉掘り、自問自答してみてください。

 

本当に「◯◯するしかない」のか、

ただじっくりと、詰めて考えることを放棄しているだけなのか。

 

よくわかると思います。