自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

社長の営業力を上げる、たった1つのこと


9月23日、本を出版しました!

今日は社長の営業力について。

 

社長しか営業マンがない、

あるいは社長と数名の営業マンしかない企業は少なくありません。

 

社長が営業を頑張らなくても、

「うちにはエース営業マンがいるから大丈夫!」という企業もありますが、

実際のところは、社長が必死に頑張らなくてはならないケースがほとんどです。

 

あるBtoB向けサービスを提供する企業の社長も、

営業マンは自分ひとり…という状況の中で頑張っていました。

 

「どうしても3ヶ月以内に新規顧客を開拓しなければならない」という中で、

ホームページから問い合わせはちらほらと来るようになったものの、

成約に結びつかないことが続いていていたのです。

 

そんなある日、その社長の商談に同席をさせていただけることがありました。

すぐに「なるほど…」と成約をしない理由がわかったような気がしました。

商談の後、私がアドバイスをしたのは、たった1つ。

 

「早口禁止」。それだけです。

 

早口は非常に強く(時に威圧的に)聞こえてしまうことだけでなく、

契約を焦っているように聞こえてしまうこともあります。

また、サービスや商品のことを理解したいクライアントの担当者からすると、

内容が理解しずらかったりします。

つまり、印象も悪くなるだけでなく、伝えたいことも伝わらず…。

 

早口を禁止した結果、それだけで…とまでは言いませんが、

ポンポンと成約が続きました。

それまでかなりの期間、新規契約がとれなかったことを考えると、

少しは効果があったように思います。

 

元々早口の人もいれば、

とにかく業績を回復させるためにと商談で焦りが出てしまい、

早口になってしまうこともあります。

 

商談では「主語の使い方」、「自分のPCを使用する場合の注意」など、

気を付けなければならないことが多々ありますが、

早口になっていないか、1度自分の商談を録音してみてもいいかもしれません。

 

————————————————————————————————————————————

中小企業経営者の愚痴や悩みを聞かせていただいています。匿名でどうぞ。