自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

このフレーズを口にする経営者は、かなりの確率で業績を悪化させる


9月23日、本を出版しました!

今回は業績を悪化させる経営者が、

共通して口にする(ように感じる)フレーズをご紹介します。

 

それは…「結果は出ますか?」。

 

このフレーズを口にする経営者の共通点は、

結果が出るかどうかわからない限り、行動に移せないということ。

 

しかし、誰もがわかっていることですが、

ビジネスにおいて結果が出る出ないは、やってみなければわかりません。

わかっているのに、ついつい口にしてしまう。

いつまでも経っても「何もやらない」経営者になってしまっているのです。

 

「現状維持は衰退の始まり」とも言われますが、

行動がないと何も変わりません。

業績を悪化させる経営者は考えているだけで、

行動に移せないことが多かったりします。

「結果は出ますか?」は「結果が出るとわかるまで、動かない」と同義語です。

 

また、「結果は出ますか?」と聞く経営者の多くが、

結果が出ないことを自分以外の従業員や、

外部パートナーの責任にすることが多いように感じます。

 

すべての経営者がそうだとは言いませんが、

行動に移せない経営者、責任を他人のせいにする経営者の多くが、

「結果は出ますか?」というフレーズを使っているように思います。

 

リスクを負いたくない、時間を浪費したくないという気持ちもわかりますが、

その質問に答えられる人は、ひとりもいないのです。

その質問は無意味どころか、社内外の人のやる気を奪うことも多々あります。

 

当たり前のことですが、結果はやらないとわかりません。

そして、やったことの責任は、トップの責任でしかないのです。

 

————————————————————————————————————————————

中小企業経営者の愚痴や悩みを聞かせていただいています。匿名でどうぞ。