読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

「好きになる」に勝る、営業活動はない

「誰に仕事を発注するか? スキルや経験、受注額、企業の規模なんかも確かに大事だけど、結局最後は、発注する自分たちのことをどのくらい好きになってくれているか? 自分たちの仕事にどこまで本気になってくれるか? ここだよね、やっぱり」 私の周囲の人…

ブログのリライトは、アクセス数アップのためだけにやるものじゃない

お名前を出す許可を得ていないので伏せますが、WEBマーケティングを専門にお仕事をされている方から、ブログのアクセス数アップの初歩的なアドバイスをいくつかいただきました。 そのひとつが、グーグルのサーチコンソールの検索アナリティクスで、“表示回数…

「完璧」なんて目指さないほうがいい

ニッポン手仕事図鑑 2周年感謝イベント「えん会」が無事に終了しました。たくさんの方に集まっていただけて、たくさんの笑顔を見ることができたので、本当に頑張ってやってよかったな、と(まあ、頑張ったのは私ではなく、実行委員会のスタッフなのですが…)…

人は、人に支えられて生きている

私の下手くそなスピーチではじまった、2周年感謝イベント「えん会」。でも、ご来場いただいた皆さまのおかげで、大盛況のうちに幕を閉じました。 あんなに皆さんが、職人さんとの触れ合いを楽しんでくれるなんて…。あんなに皆さんが、きりたんぽやケータリン…

ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」にお越しいただく皆さまへ

いよいよ明日に迫った、ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」には、このブログの読者の方もお越しいただきます。もう言い訳でしかありませんが、本当は事前に、お礼の連絡を入れたかったのですが…。日々に仕事に追われ、イベントの準備に追われ……

手作業に込めた“想い”は、確実に伝わる

いよいよ明後日に迫った、ニッポン手仕事図鑑 2周年感謝イベント「えん会」。久々に文化祭前のような気分で、買い出しに行ったり、しおりや会場の装飾品を手づくりでつくったりしています。やっぱり何歳になっても、こういったお祭りの準備はワクワクします…

ライバルに差をつける「サプライズ脳」になろう

日々の仕事を楽しくするために、そして評価される仕事をするために、20代の頃からとても大切にしていることがあります。それは、「サプライズ脳」であり続けること。 そう、常に「サプライズを仕掛けてやろう!」と、無意識に考える脳を持つこと。たったそれ…

「小さな違和感」を、雑に扱うな!

ずっと共に戦ってきたMacBooK Airを卒業して、新しくMacBook Proを購入しました。愛着のある仕事道具はとにかく手離したくないタイプで、できる限り長く使っていたい。相棒だったMacBooK Airで数多くの企画書を書き、ブログの記事を書き、ニッポン手仕事図鑑…

企画を考えているときに、思考が停止してしまったら?

私は日々、映像をはじめ、WEB、雑誌、カタログ、イベント、講演、勉強会、店舗運営、企業間コラボなど、さまざまな企画を考える仕事をしています。企画を考えるジャンルも違えば、クライアントも地方自治体から規模の異なる企業、個人など、とにかく幅が広い…

ジャストヨット運送のように、あなたの中にも“専門店”を

「ジャストヨット運送」というブランド名を聞いたことがあるでしょうか。 丸玉運送という会社が、運送業界での生き残りをかけて立ち上げたブランドで、小型ヨット(ディンギー)に特化した輸送サービスを提供するブランドです。今では多くの顧客を持ち、依頼…

「地道」は、2年後に花が咲く

何度か「2周年感謝イベント」の告知をさせていただいていますが、ニッポン手仕事図鑑は今年の1月、2周年を迎えました。 2周年を迎えた今思うのは、「地道」は2年後に花が咲くということ。昨年末からニッポン手仕事図鑑に対して、出版、講演、教育、プロモー…

「独学で学ぶ」と「師匠から学ぶ」のバランスが大事

私と一緒にニッポン手仕事図鑑を立ち上げたビデオグラファー(ニックネーム:てしねこ)は、独学で映像を学び、現場で失敗もしつつ経験を積みながら、今では多くの人から高い評価を受けるレベルにまでのし上がってきました。 そう、独学だからこそ、得られる…

日本酒には、つくり手の人柄が出る

ニッポン手仕事図鑑のfacebookでも書きましたが、昨日、私が日本で一番大好きな日本酒の酒蔵、「かづの銘酒」へ行ってきました。自分でどぶろくをつくってしまうほど日本酒が好きなビデオグラファーのために、社長が急遽「オトナの社会科見学」を開催してく…

やりたい仕事や夢が、見つからないときに

22日から滞在をしている秋田県鹿角市は、小さい町であるにもかかわらず、面白い企業がたくさんあり、個性派の経営者もたくさんいます。 今、鹿角市の企業20社を紹介する雇用促進映像と冊子を制作しているのですが、今回の滞在では冊子の企画である「地元の経…

仕事中に笑えない人は、仕事ができない

仕事中に笑えない人は、仕事ができない。たくさんの異論をいただきそうですが、私の持論です。 仕事中に笑えない人、笑って仕事ができない人、表情が暗い人で、「この人、仕事ができるぁ」と思える人に、私は出会ったことがありません。逆に「この人、すごい…

アラフォー世代が停滞することなく、成長していくためには何が必要か?

映像の仕事、地方創生の仕事、ニッポン手仕事図鑑の仕事…。この数年はとにかく貪欲に、自分がやりたい仕事を、自分でつくってきました。 うまくいくこともあれば、失敗もしましたが、新しい出会いもたくさんあり、いろいろな経験と学びが得られました。だか…

「あなた」という人と仕事がしたい! と思わせる人間的な魅力を、あなたは持っていますか?

突然ですが、質問です。あなたに仕事をくれる人は、なぜあなたに仕事をくれていると思いますか? 何でも言うことを聞いてくれるから? あなたの技術や経験を認めているから? あるいは、あなたの人間性を認めているからでしょうか? 都合のよさ、技術や経験“…

立ち振る舞いを美しく、かっこよくするための方法

私は正直そこまで、「人に見られている」という意識があまり高くありません。でも昨日、やっぱり「人に見られている」ことをもっと意識しないとダメだなぁと思う出来事が立て続けにあり、少し反省をしていたりします…。 昨日の午前中、都内の某駅前からバス…

群れずに、自分ひとりで、飛び込む勇気

本当にありがたいことに、ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」に、たくさんの方々からご応募をいただいております。 お申込みされた方々を見ていて結構意外だったのは、お友達と一緒に応募された方がいなかったこと。個人的には「一緒に行かな…

結果を出せる人と、出せない人の分かれ目はどこか?

ちょっと複雑な1日でした…。 今日突然、ニッポン手仕事図鑑に素晴らしいオファーが来ました。「この忙しい中で、本当にやるべきか?」と一瞬躊躇するオファーだったのですが、やりたい! やってみたい! というメンバーも多かったので、はじめてのことでリス…

停滞感を感じていて、その状態からなかなか抜け出せないときに

最近、視野が狭くなっているなぁ…。新しく何かを吸収することがないなぁ…。成長している実感が弱いなぁ…。 そんな停滞感を感じることはないでしょうか?私自身の話をすると、そう感じているときはだいたい、自分が好きなもの、自分が共感するもの、自分に考…

誰かの強み×あなたの強み=もしかすると、すごいことが起きるかもしれない!?

自分、あるいは自社の強みは大したことがなくても、“誰かの強みを掛け算する”ことで、結構すごいことができたりします。だから私は、コラボが好きです。自分の大したことのない強みでも、あの人の強みを掛け合わせたら、何かが起こるんじゃないか? 自分の強…

うまくいくか誰にもわからないことを「うまくいくかな?」と延々と考えている人が、一番人生を損している

当たり前のことを書きますが、時間は有限です。だから、人生をどう生きるか、どのような仕事をやって、どのように日々を楽しみ、どのように世の中に貢献して、どのような足跡を残していきたいかを本気で考えると、その時間の少なさに若干愕然としてしまいま…

クリエイティブな仕事をするためには、なぜ仲間が必要か?

「クリエイティブな仕事」ってなんでしょうか? その単語はよく耳にしますが、定義は結構曖昧だったりします。私の個人的な考えで言えば、新しい価値観をアウトプットをして、誰かに楽しんでもらい、喜んでもらう仕事であれば、職種を問わず「クリエイティブ…

自分の夢はできるだけ、口に出したほうがいい

何の根拠もないのですが、自分で実現したい夢は、口に出したほうが絶対に叶いやすいと思っています。想いを発信し続けることできっと、その想いをシェアしてくれる人が現れるからです。だから私は、「死ぬときは必ず、自分の本を棺桶に入れたい」と、いつか…

なぜ、矢追純一さんは、UFOの番組をつくったのか?

数日前、作家の保坂和志さんのインタビュー記事を読みました。いろいろと自分の仕事について考えさせられる記事だったのですが、その中でひとつ、とても面白いエピソードがあったので、ちょっと紹介してみます。 それは、「UFOディレクター」としてもよく知…

ブログって、本当に素晴らしい…

改めて、ブログって本当に素晴らしいものだなと、実感しました。昨日、こんな記事を投稿しました。 すると、さっそくこのブログの読者の方々から、応募者がありました。 日本の手仕事や郷土芸能を応援する一般社団法人&公益社団法人の方をはじめ、大好きな…

「2周年感謝イベント」を開催します!

ニッポン手仕事図鑑は今年1月、2周年を迎えることができました。ここまで来ることができたのは、撮影にご協力いただいた職人さんはもちろん、応援してくれる方々の支えがあったからです。 そこで!この感謝の気持ちを皆さんにお伝えをしたくて、2月3日(金)…

行動するだけで、全体の上位5%に入れる

こんなデータがあるそうです。「ひとり旅をしてみたいですか?」という質問に対して、76.2%の人が「してみたい!」と答えたものの、その中で“実際にひとり旅をする人”は、6.2%しかいないそうです…。 これはよく言われることですが、仕事でも趣味でも勉強で…

行動が変わっても、習慣は変わらない。でも、習慣が変われば、運命は変わる

心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。 アメリカを代表する哲学者であり、心理学者でもある、ウィリアム・ジェームズの言葉です。これ、本当にそのとおりで、真理をついた言葉だ…

WEBデザイナー&HTMLコーダーを募集します!「ニッポン手仕事図鑑」を一緒に運営してみたい人、大募集です!

今日は求人募集のご案内です。今後、ニッポン手仕事図鑑は新しい3つのWEBサービスをリリースし、それらを運用しつつ、職人さんや地方自治体、民間企業の方からご相談いただくWEBサイトの制作にも力を入れていきたいと考えております。また、地方でのサテライ…

ブックオフの値付けで、自分の“目利き力”を試してみる

余談から入りますが、私は20代の半ばくらいまで、とにかく自分の本棚に本を並べておくことが好きだったので、買った本を売ったこともなければ、捨てたこともありませんでした。 でも、ある日突然、ほとんど読まない本を持っておくことが、なぜか忍びなくなっ…

本当の人脈って、何だろう?

今年は何としてでも、“本当の意味”での人脈を広げていきたいと考えています。 本当の意味での人脈? そう思った方も多いと思います。価値のある人脈とは何か? と、よくビジネス誌などで語られていますが、私が考える人脈とは、自分が知っている(会ったこと…

今年は何に投資をしよう?

ここ数年、さまざまな業種の、さまざまな立場の人と出会い、確信したことがあります。それは、「成長する人は、投資上手」だということ。そう、消費や浪費ではなく、投資です。 自分が成長するために欠かせない学びに、投資をする。貴重な時間を確保するため…

今年大切一番大切な時間が、はっきりと見えているか?

ふと、乗っていた電車の中で、3つの「今年大切にしたいこと」が決まったので、今日から3日連続で書いてみたいと思います。 ちなみに備忘録的に明日と明後日のネタを書いておくと…。・今年は何に投資をしよう?・本当の人脈って、何だろう?こんな感じです。 …

「みんなが」という幻想を捨てる

小学生が言う「友だちが“みんな”持っている」の「みんな」が存在しないと言われることと同じように、社会人の「みんな」という言葉も信じてしまうと、結構危険です。 たとえば、社員みんなが楽しいと感じる職場をつくろうとする。9割の人が満足しているのに…

自分の仕事=ミッションを考えたことがありますか?

私の仕事は、「人と人をつないで、新しい可能性を生み出していくこと」です。そのために企画を考え、映像やWEB、雑誌やカタログを制作するだけでなく、イベントなども開催します。映像の仕事を専門にやっているように思われがちですが、仕事の幅を年々広げて…

素敵な2017年にするために、「会いたい人リスト」をつくろう!

今年は例年以上に、人との出会いに恵まれた1年でした。ニッポン手仕事図鑑を知ってもらえる人が増え、声をかけてもらえただけでなく、このブログを知ってご連絡をいただき、お会いできた方もたくさんいました。毎度毎度書いていますが、ブログを続ける価値は…

年末に車上荒らしをして、人の思い出を奪っていく人間に、明るい未来なんて来るはずはない

私の身近な人が車上荒らしに遭いました。盗られたのは財布でしたが、当然お金以外にも、大切なものがたくさん入っていて、その人の思い出も詰まっていました。 実は私も数年前、先輩の車が車上荒らしに遭い、大切にしていた物を盗まれました。本当に、心の底…

来年の「自分スローガン」を考える

私は数年前から「EDiT」という1日1ページタイプの手帳を使っています。なくてはならない仕事の相棒です。 EDiTは冒頭に「今年のビジョン」を書くスペースがあるのですが、私は毎年、そこに「今年のスローガン」を書いています。忙しくて自分の仕事のペースや…

日本の労働環境をよくするためには、何が必要か?

日本の労働環境をよくするためには、何が必要か?誰かが無理をしているビジネスに「No!」と言える人を、ひとりでも増やしていくことだと思っています。 私は以前からずっと言っていますが、「24時間営業」と「ネットショッピングの翌日(即日)配送」は大反…

地方にいると、夢は叶えられないのか?

いわゆる「地方」と呼ばれる地域で暮らす若者たちは、地元に雇ってくれる企業がたくさんあるにもかかわらず、「やりたい! と心から思える仕事がない」と、地元から出ていってしまいます。やりたい仕事があるならまだしも、ただ漠然と、今はやりたい仕事や夢…

カーネルサンダースが何歳のとき、ケンタッキーフライドチキンは誕生したか?

クリスマスも終わりましたが、皆さんは今年、ケンタッキーフライドチキンを食べたでしょうか? 私は食べていないのですが、今日はケンタッキーのお話を少し。 結構有名な話ですが、あのカーネルサンダースは「自分は会社員に向いていない…」と、30歳になる前…

「来年の目標が見つからない」「新しいチャレンジができない」というあなたへ

私は毎年、年末になると「今年で卒業するべきことは何か?」を考えるようにしています。自分が今やっている仕事だけではなく、個人的な活動や勉強、趣味や習慣、生活環境なども含めて、今年で卒業したほうがいいものは何か? を考えるのです。この時間が本当…

自分の言葉を発信する“本当の意味”

今日は秋田県鹿角市で収録をさせていただいた、鹿角きりたんぽFMの番組「かづの創生」の放送がありました。ちなみにこの番組、先日撮影をさせていただいたジョイタム株式会社さんが提供しています。社長の地元への熱い想いからはじまった番組なのですが、鹿…

独立をして、失敗してしまう人とは?

今日は「独立をして、失敗してしまう人」には何が足りないかを、独立して(または所属している会社で新しいビジネスやブランドを立ち上げて)、成功している人の共通点から探ってみたいと思います。 ここ最近は幸運にも、首都圏や地方を問わず、起業をして、…

バカなことを、マジメにやる奴が勝つ!

今日は鹿角という小さな町にいながらにして、世界で認められるアーティストとなった木工職人、「アートフォルム」の橋野浩行さんを取材させていただきました(ニッポン手仕事図鑑でも、オリジナル映像を公開する予定です!)。 とても熱い方なので、インタビ…

「~たい」という希望から目を背けて、「~る」に妥協していませんか?

今日、鹿角きりたんぽFMの番組に出演をしてきました。出演したのは、鹿角市の未来のまちづくりを考える番組。なので、パーソナリティを務める方の本気度も非常に高く、地方を応援する仕事をしている私にとっては、とても大きな学びと刺激を得られる時間にな…

あなたが来年に向けて、今やるべきこと

今日、とある企業の工場長さんと話をしていて、とても大事なことだなぁと心に染みた言葉がありました。それは「自分の長所に目を向ける」ということ。 工場長さん曰く「自分の長所でなく、短所ばかりに目を向けていると、やっぱりモチベーションは下がってし…

30代、40代の人が、自分の可能性を広げていくために、何が必要か?

今日取材に伺ったのは、鹿角市にある縫製工場「株式会社サッシュ」。ここでは、誰もが知っている超有名ブランドのボトムを生産しています。コーポレートサイトに取引先が掲載されているので、あえて書きませんが、工場に入ると「えっ、あのブランドも、この…