自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ブランディング

「俺には、俺の世界がある!」と主張する人が、共感されにくくなった時代

時代の変化に敏感な人ほど、これから先、ひとりの「人材」として生き残っていくことが難しくなることをよくわかっていて、だからこそ、生き残っていくためにはどのような行動をして、どのように自分を磨いていくべきかをいつも本気で考えています。 そんな人…

ももクロの5色を眺めながら、「やっぱり大事なことだよなぁ」と、改めて実感したこと

ここ最近はなかなか休みが取れず、休日も仕事をしていたりします。オフィスのある世田谷ものづくり学校で面白いイベントをやっているときは、そんなイベントを見学しつつ、そのまま仕事をするのですが、特にイベントもなく、移動時間ももったいない! という…

なぜ、「2年間は無収益でいい!」と言い続けてきたのか?

「2年間は、収益を上げなくていいんです!」「2年間は、ファンを増やすことに専念したい!」 私と実際に会って、ニッポン手仕事図鑑の話をしたことがある人なら、私からこの発言を聞いたことがあると思います。でも、どうして「2年間は、収益を上げなくてい…

“自分自身の広報マン”を、増やしていく意味

自分がやりたい仕事を、本当にやれるようになるためには、何が必要か?実力? 経験? 人脈? 私が一番大切だと思っているのは、自分の知らないところで「こんな仕事をやりたい人がいますよ!」とプロモーションしてくれる、“自分自身の広報マン”の存在です。…

ジャストヨット運送のように、あなたの中にも“専門店”を

「ジャストヨット運送」というブランド名を聞いたことがあるでしょうか。 丸玉運送という会社が、運送業界での生き残りをかけて立ち上げたブランドで、小型ヨット(ディンギー)に特化した輸送サービスを提供するブランドです。今では多くの顧客を持ち、依頼…

「あなた」という人と仕事がしたい! と思わせる人間的な魅力を、あなたは持っていますか?

突然ですが、質問です。あなたに仕事をくれる人は、なぜあなたに仕事をくれていると思いますか? 何でも言うことを聞いてくれるから? あなたの技術や経験を認めているから? あるいは、あなたの人間性を認めているからでしょうか? 都合のよさ、技術や経験“…

立ち振る舞いを美しく、かっこよくするための方法

私は正直そこまで、「人に見られている」という意識があまり高くありません。でも昨日、やっぱり「人に見られている」ことをもっと意識しないとダメだなぁと思う出来事が立て続けにあり、少し反省をしていたりします…。 昨日の午前中、都内の某駅前からバス…

自分の仕事=ミッションを考えたことがありますか?

私の仕事は、「人と人をつないで、新しい可能性を生み出していくこと」です。そのために企画を考え、映像やWEB、雑誌やカタログを制作するだけでなく、イベントなども開催します。映像の仕事を専門にやっているように思われがちですが、仕事の幅を年々広げて…