自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

ニッポン手仕事図鑑

共に成長できる仲間のつくり方

今日はニッポン手仕事図鑑のビデオグラファーであり、映像のカラーリングの専門である弊社の佐藤健が、ビデオグラファーたちに向けて勉強会を開催しました。 当初は情報交換会くらいのレベルを予定していたのですが、せっかくやるなら…と、結構本格的な勉強…

今日は“女性編集長”祭りだぞ!

ずっと楽しみにしていた本が、今日届きました。その本の名は、「想いのしおり」。昨年、仕事旅行のプログラムで出会った京都の大学生、西野愛菜さんが2015年11月に、たったひとりで立ち上げたフリーペーパーです。それからたくさんの方に応援をしていただけ…

今、注目の若手女性職人さんに会いたい人、「二子玉川クラフトフェア」に集まれ!

今日は完全に告知です。どうしてもお知らせをしておきたくて…。11月25日(土)と26日(日)、二子玉川ライズで開催される「二子玉川クラフトフェア」に、ニッポン手仕事図鑑が“期間限定ショップ”を出展します。 (左から)七宝焼職人の田村有紀さん。有松鳴…

「エアー盆栽」と「宇宙ガラス」という、素敵なアイデアの掛け算

「こんな手仕事も、面白くないですか?」そんなふうに、自分の知っている手仕事を教えてくれる人が増えてきました。みんな嬉しそうに、楽しそうに話してくれるので、それが嬉しくて。ただ、「お前、これ知っているか?」と試されているようにも感じるので、…

なぜ、七宝焼職人の田村有紀さんを応援するのか?

愛知県あま市七宝町で1883年から続く窯元「田村七宝工芸」。その5代目である田村有紀さんのクラウドファンディングのお手伝いをすることになりました。 実はこのプロジェクト、FAAVOさんからご連絡をいただき、「応援したい職人さんがいるので、ぜひ力を貸し…

いよいよ明日、「子どものためのニッポン手仕事図鑑」が書店に並びます!

今日は告知をさせてください。明日、長年の夢だった自分の本が発売されます。その名も「子どものためのニッポン手仕事図鑑」。出版社の方も販売には力を入れてくれて、図書館への営業を頑張ってくれただけでなく、こんなポップまでつくってくれていました。 …

「自分の本を出す!」という夢を支えてくれた、すべての人へ

本を出します(9月23日に発売予定です)。 子どものためのニッポン手仕事図鑑 冗談で「先生!」と言ってくれた人がいましたが、残念ながら監修者という立場なので、自分で原稿は書いていません…。いつかは自分自身で原稿を書いた本を出したい。その夢は変わ…

宝研堂4代目である製硯師、青栁貴史さんの展示会をプロデュースします!

40代を目前に控え、ここ最近は「もう若くはない…」と残された時間を意識するようになったからか、とにかく新しいことにチャレンジしたい! という欲が日に日に増しています。だから今後も、地方でのリモートワークを試験的に試してみたり、修学旅行のイベン…

「食品サンプル」は日本の文化であり、これからの時代のコミュニケーションツールである

愛知県、岐阜県、三重県の3県を巡る職人撮影ツアーの最後は、「安藤食品サンプル製作所」さんでした。まずはとにかく、写真をご覧ください。 その技術に終始圧倒されっぱなしの1日で、インタビューでも素敵なお話をたくさん聞くことができました。中でも印象…

自分探しの旅に出るよりも、大切なこと 〜なぜ若い職人たちは、運命の仕事と出会えたか?〜

水うちわで使用する美濃和紙をつくる、20代になったばかりの若者は「折り紙」をきっかけに紙を極めたいと、和紙の世界に飛び込みました。 食品サンプルをひとつひとつ丁寧に仕立てていく女性の職人さんは、「ポンキッキ」をきっかけに、食品サンプルの世界に…

「人と人の出会い、つながりは奇跡だと思っていて、奇跡を具現化してくれるのが、目の前にいる皆さんです」

今日は弊社ビデオグラファーの健さんの結婚式でした。お世辞抜きに、とても素敵な結婚式で…。久々に感動をしました。 新郎のスピーチで、とても印象に残ったフレーズがありました。「人と人の出会い、つながりは奇跡だと思っていて、その奇跡を具現化してく…

プロフェッショナルは、「下準備」にこだわる

今日は青森県弘前市にある「松山漆工房」の津軽塗職人さんの撮影に行ってきました。 職人さんの撮影に行くといつも「贅沢だなぁ…」と思うのは、職人さんにインタビューをしているとき、まるで自分ひとりのために、人生論を語ってくれているような時間になる…

あなたは何者ですか? 編集長って、どんな仕事をしているのですか?

「最近、あなたが何をやっているかわからないんだけど…」いつもお仕事をくれている方々からそんなことを言われることが増え、少しマズいなと思ったので、自分の仕事のタスク整理を兼ねて、今の仕事のことをつらつらと書いてみます。ゴールデンウィークの中日…

言われて嬉しかった言葉を、書き残しておく

2015年の1月に「ニッポン手仕事図鑑」を立ち上げてから、本当にありがたいことに、たくさんの嬉しい言葉をいただきます。 中でも、時に涙が出そうになるのが、「あなたたちのような人がいるから、もう少し頑張ろうと思える」という職人さんたちからの言葉。…

これからの時代の「中小企業」の求人戦略

「今、本当に困っていて…。どうやって採用を強化すればいいのか…」ここ最近、よく話題になるのが、企業(特に中小企業)の「採用」の話です。 若い人材が不足していて、しかも大手企業が積極的に採用をし、大学生の内定率も急上昇している今、中小企業の求人…

自分の心の中にある、大切なものを整理整頓する方法

明日、シブヤ大学×西武渋谷店「Think College」にて、トークイベントを開催します(まだ少し席があるようですので、お時間がある方はどうぞ。製硯師 青栁貴史さんの実演もご覧いただけます!)。 で、つい先ほどまで、明日使用するスライドをまとめていたの…

なぜ、「2年間は無収益でいい!」と言い続けてきたのか?

「2年間は、収益を上げなくていいんです!」「2年間は、ファンを増やすことに専念したい!」 私と実際に会って、ニッポン手仕事図鑑の話をしたことがある人なら、私からこの発言を聞いたことがあると思います。でも、どうして「2年間は、収益を上げなくてい…

ブログのリライトは、アクセス数アップのためだけにやるものじゃない

お名前を出す許可を得ていないので伏せますが、WEBマーケティングを専門にお仕事をされている方から、ブログのアクセス数アップの初歩的なアドバイスをいくつかいただきました。 そのひとつが、グーグルのサーチコンソールの検索アナリティクスで、“表示回数…

「完璧」なんて目指さないほうがいい

ニッポン手仕事図鑑 2周年感謝イベント「えん会」が無事に終了しました。たくさんの方に集まっていただけて、たくさんの笑顔を見ることができたので、本当に頑張ってやってよかったな、と(まあ、頑張ったのは私ではなく、実行委員会のスタッフなのですが…)…

人は、人に支えられて生きている

私の下手くそなスピーチではじまった、2周年感謝イベント「えん会」。でも、ご来場いただいた皆さまのおかげで、大盛況のうちに幕を閉じました。 あんなに皆さんが、職人さんとの触れ合いを楽しんでくれるなんて…。あんなに皆さんが、きりたんぽやケータリン…

ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」にお越しいただく皆さまへ

いよいよ明日に迫った、ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」には、このブログの読者の方もお越しいただきます。もう言い訳でしかありませんが、本当は事前に、お礼の連絡を入れたかったのですが…。日々に仕事に追われ、イベントの準備に追われ……

手作業に込めた“想い”は、確実に伝わる

いよいよ明後日に迫った、ニッポン手仕事図鑑 2周年感謝イベント「えん会」。久々に文化祭前のような気分で、買い出しに行ったり、しおりや会場の装飾品を手づくりでつくったりしています。やっぱり何歳になっても、こういったお祭りの準備はワクワクします…

群れずに、自分ひとりで、飛び込む勇気

本当にありがたいことに、ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」に、たくさんの方々からご応募をいただいております。 お申込みされた方々を見ていて結構意外だったのは、お友達と一緒に応募された方がいなかったこと。個人的には「一緒に行かな…

「2周年感謝イベント」を開催します!

ニッポン手仕事図鑑は今年1月、2周年を迎えることができました。ここまで来ることができたのは、撮影にご協力いただいた職人さんはもちろん、応援してくれる方々の支えがあったからです。 そこで!この感謝の気持ちを皆さんにお伝えをしたくて、2月3日(金)…