読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

心と体のメンテナンスと、かっこよく年齢を重ねる秘訣

先週末、生まれてはじめて人間ドッグで胃カメラをやりました。ここ最近、胃がキリキリしていたので、「もしかしたら…」とずっと不安だったのですが、おかげさまで胃だけでなく、すべての数値が至って健康でした。 でも…。今日は1日、「心と体のメンテナンス…

1度手放した夢があっても、また追えばいいと思う

ニッポン手仕事図鑑のビデオグラファーの奥様が友人を連れて、ものづくり学校に来てくれました。その友人がこの方、ダンサーの篠原さやさん。 本当に気さくで、ほんわりとした温かい雰囲気の方だったのですが、あとから少し調べたら、すごい人でした…。 そん…

戦友へ贈るメッセージ

このブログを経由して知り合い、戦友と呼べる存在になった方がいます。地方で頑張る新聞記者さん。ここ最近は会社の方針などもあり、少し悶々とした日々を過ごしていましたが、真剣に自分の将来を見つめ、本当にやりたいことは何か? と自問自答を繰り返し、…

明日、給料がもらえなくなったら

定期的にやっていることがあります。世の中のマーケットの中で、自分がどれだけ通用する実力があるのか? 今、自分が置かれている立ち位置は、どこなのか? そんなことを少し冷静に考えてみる時間を持つことです。そのとき、自分自身にこんな問いかけをして…

ビジネスマンも使える、トップアスリートたちのモチベーションアップ術

先週の日曜日、理事を務める「一般社団法人 100年先のこどもたちへ」のイベントがありました。 たくさんのゲストにお越しいただき、子どもたちの笑顔もいっぱい咲いた1日になったので、本当にいいイベントだったな、と。改めてご来場いただいた皆さま、あり…

チャンスは、作業着を着てやって来る

このブログではよく、「チャンスが集まってくる」「チャンスが巡ってくる」「チャンスが広がっていく」といった表現をします。 そんな表現を多用しているからか、「いつも行動しているからだとは思いますが、“素晴らしい”“素敵な”チャンスがたくさん巡ってき…

未来への不安をなくすための(あくまでも自分なりの)方法

私は本当に小心者なので、20代の頃はずっと、ビジネス書的な考え方で、ちゃんと10年後の未来を見据えて、到達したい目標を設定し、5年後はどこまで行けばいいのか? 3年後には何をしているべきか? 1年後は何をやるか? 半年後は? 3ヶ月後は? 1ヶ月後、2週…

「儲かる」という字は、「信」じる「者」と書く

「儲かるという字は、信じる者と書く」いつだったかテレビで、富士そばの社長さんがおっしゃっていた言葉です。 ここ最近、規模の大小や自分との関係性を問わず、さまざまな経営者の方とお話をさせていただく機会があるのですが、この言葉の真理みたいなもの…

これからの時代に生き残っていける人は、ディレクターであり、インタビュー力のある人である

これからの時代は、「ディレクター」になれないと生き残っていけない時代になります。間違いなく。 ディレクターという言葉の意味を調べてみると、「監督」「演出家」「支配人」「制作責任者」とありますが、私が定義するディレクターは本来の意味とは少し違…

「ミスター◯◯」と呼ばれる自分を、目指してみよう!

「ミスター◯◯」と呼ばれるとしたら、あなたは何と呼ばれるようになりたいでしょうか? あるいは、周囲の人たちは今、どんな「ミスター◯◯」を求めていると思いますか? 「ミスター◯◯」と呼ばれる人は、そのジャンルを極めた人、そのコミュニティを象徴するよ…

だから私は、裏紙を使わない

企画やアイデアを考えるとき、あるいは大事なミーティングでメモを取るとき、私はA4用紙の紙を横向きで使い、その“ど真ん中”から書きはじめます。左から、上からと、キレイに詰めて、無駄なく書こうとはしません。それは、左に書きたいのに、書けない…、上に…

ももクロの5色を眺めながら、「やっぱり大事なことだよなぁ」と、改めて実感したこと

ここ最近はなかなか休みが取れず、休日も仕事をしていたりします。オフィスのある世田谷ものづくり学校で面白いイベントをやっているときは、そんなイベントを見学しつつ、そのまま仕事をするのですが、特にイベントもなく、移動時間ももったいない! という…

なぜ、「2年間は無収益でいい!」と言い続けてきたのか?

「2年間は、収益を上げなくていいんです!」「2年間は、ファンを増やすことに専念したい!」 私と実際に会って、ニッポン手仕事図鑑の話をしたことがある人なら、私からこの発言を聞いたことがあると思います。でも、どうして「2年間は、収益を上げなくてい…

ネーミングセンスを磨く勉強法

とある方から「ネーミングのセンスがいいよね」と、お褒めの言葉をいただきました。 『ニッポン手仕事図鑑』。そして、そのニッポン手仕事図鑑の中にあるコラム『ふたりごと文庫』。ニッポン手仕事図鑑が新たに立ち上げるECサイト『ひとことめぐり商店街』。…

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ

後輩が、夢を叶えました。 バイヤーになって、素晴らしい商品のつくり手と消費者をつなぎ、多くの人に笑顔になってもらいたい。そして、人の心を豊かにする品々を揃えるショップを運営する店主となって、来店してくれる人たちを笑顔にしたい。そんな夢を抱い…

相手があなたの口から、一番聞きたいこと

今日、ギフトショー(東京ビッグサイト)へ行ってきたのですが、その帰り道、某政党の街頭演説をやっていたので、「そういえば、この政党の演説をまともに聞いたことがなかったなぁ…」と思い、立ち止まって聞いてみました。 賛成か反対かはさておき、話して…

勇気を振り絞って、小さな一歩を踏み出せば、かけがえのない経験ができる

今日は自分の記事ではなく、どうしても他に読んでほしい記事がありまして(たとえ、手抜きだと言われようとも…)。 ニッポン手仕事図鑑のfacebookにも書かせていただきましたが、ニッポン手仕事図鑑を立ち上げて、本当によかったなと心から思うのは、たくさ…

“自分自身の広報マン”を、増やしていく意味

自分がやりたい仕事を、本当にやれるようになるためには、何が必要か?実力? 経験? 人脈? 私が一番大切だと思っているのは、自分の知らないところで「こんな仕事をやりたい人がいますよ!」とプロモーションしてくれる、“自分自身の広報マン”の存在です。…

怠けがちな自分のエンジンを動かす、“着火剤”を手に入れる

車のエンジンと一緒で、人間もなかなかエンジンがかからないものです…。「よしっ、仕事をしよう!」と思っても、ついついダラダラとしてしまったり…。特に日々忙しく仕事をしている人は、溜まっている疲れもあるので、エンジンがかかりづらい(集中力が高ま…

「好きになる」に勝る、営業活動はない

「誰に仕事を発注するか? スキルや経験、受注額、企業の規模なんかも確かに大事だけど、結局最後は、発注する自分たちのことをどのくらい好きになってくれているか? 自分たちの仕事にどこまで本気になってくれるか? ここだよね、やっぱり」 私の周囲の人…

ブログのリライトは、アクセス数アップのためだけにやるものじゃない

お名前を出す許可を得ていないので伏せますが、WEBマーケティングを専門にお仕事をされている方から、ブログのアクセス数アップの初歩的なアドバイスをいくつかいただきました。 そのひとつが、グーグルのサーチコンソールの検索アナリティクスで、“表示回数…

「完璧」なんて目指さないほうがいい

ニッポン手仕事図鑑 2周年感謝イベント「えん会」が無事に終了しました。たくさんの方に集まっていただけて、たくさんの笑顔を見ることができたので、本当に頑張ってやってよかったな、と(まあ、頑張ったのは私ではなく、実行委員会のスタッフなのですが…)…

人は、人に支えられて生きている

私の下手くそなスピーチではじまった、2周年感謝イベント「えん会」。でも、ご来場いただいた皆さまのおかげで、大盛況のうちに幕を閉じました。 あんなに皆さんが、職人さんとの触れ合いを楽しんでくれるなんて…。あんなに皆さんが、きりたんぽやケータリン…

ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」にお越しいただく皆さまへ

いよいよ明日に迫った、ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」には、このブログの読者の方もお越しいただきます。もう言い訳でしかありませんが、本当は事前に、お礼の連絡を入れたかったのですが…。日々に仕事に追われ、イベントの準備に追われ……

手作業に込めた“想い”は、確実に伝わる

いよいよ明後日に迫った、ニッポン手仕事図鑑 2周年感謝イベント「えん会」。久々に文化祭前のような気分で、買い出しに行ったり、しおりや会場の装飾品を手づくりでつくったりしています。やっぱり何歳になっても、こういったお祭りの準備はワクワクします…

ライバルに差をつける「サプライズ脳」になろう

日々の仕事を楽しくするために、そして評価される仕事をするために、20代の頃からとても大切にしていることがあります。それは、「サプライズ脳」であり続けること。 そう、常に「サプライズを仕掛けてやろう!」と、無意識に考える脳を持つこと。たったそれ…

「小さな違和感」を、雑に扱うな!

ずっと共に戦ってきたMacBooK Airを卒業して、新しくMacBook Proを購入しました。愛着のある仕事道具はとにかく手離したくないタイプで、できる限り長く使っていたい。相棒だったMacBooK Airで数多くの企画書を書き、ブログの記事を書き、ニッポン手仕事図鑑…

企画を考えているときに、思考が停止してしまったら?

私は日々、映像をはじめ、WEB、雑誌、カタログ、イベント、講演、勉強会、店舗運営、企業間コラボなど、さまざまな企画を考える仕事をしています。企画を考えるジャンルも違えば、クライアントも地方自治体から規模の異なる企業、個人など、とにかく幅が広い…

ジャストヨット運送のように、あなたの中にも“専門店”を

「ジャストヨット運送」というブランド名を聞いたことがあるでしょうか。 丸玉運送という会社が、運送業界での生き残りをかけて立ち上げたブランドで、小型ヨット(ディンギー)に特化した輸送サービスを提供するブランドです。今では多くの顧客を持ち、依頼…

「地道」は、2年後に花が咲く

何度か「2周年感謝イベント」の告知をさせていただいていますが、ニッポン手仕事図鑑は今年の1月、2周年を迎えました。 2周年を迎えた今思うのは、「地道」は2年後に花が咲くということ。昨年末からニッポン手仕事図鑑に対して、出版、講演、教育、プロモー…

「独学で学ぶ」と「師匠から学ぶ」のバランスが大事

私と一緒にニッポン手仕事図鑑を立ち上げたビデオグラファー(ニックネーム:てしねこ)は、独学で映像を学び、現場で失敗もしつつ経験を積みながら、今では多くの人から高い評価を受けるレベルにまでのし上がってきました。 そう、独学だからこそ、得られる…

日本酒には、つくり手の人柄が出る

ニッポン手仕事図鑑のfacebookでも書きましたが、昨日、私が日本で一番大好きな日本酒の酒蔵、「かづの銘酒」へ行ってきました。自分でどぶろくをつくってしまうほど日本酒が好きなビデオグラファーのために、社長が急遽「オトナの社会科見学」を開催してく…

やりたい仕事や夢が、見つからないときに

22日から滞在をしている秋田県鹿角市は、小さい町であるにもかかわらず、面白い企業がたくさんあり、個性派の経営者もたくさんいます。 今、鹿角市の企業20社を紹介する雇用促進映像と冊子を制作しているのですが、今回の滞在では冊子の企画である「地元の経…

仕事中に笑えない人は、仕事ができない

仕事中に笑えない人は、仕事ができない。たくさんの異論をいただきそうですが、私の持論です。 仕事中に笑えない人、笑って仕事ができない人、表情が暗い人で、「この人、仕事ができるぁ」と思える人に、私は出会ったことがありません。逆に「この人、すごい…

アラフォー世代が停滞することなく、成長していくためには何が必要か?

映像の仕事、地方創生の仕事、ニッポン手仕事図鑑の仕事…。この数年はとにかく貪欲に、自分がやりたい仕事を、自分でつくってきました。 うまくいくこともあれば、失敗もしましたが、新しい出会いもたくさんあり、いろいろな経験と学びが得られました。だか…

「あなた」という人と仕事がしたい! と思わせる人間的な魅力を、あなたは持っていますか?

突然ですが、質問です。あなたに仕事をくれる人は、なぜあなたに仕事をくれていると思いますか? 何でも言うことを聞いてくれるから? あなたの技術や経験を認めているから? あるいは、あなたの人間性を認めているからでしょうか? 都合のよさ、技術や経験“…

立ち振る舞いを美しく、かっこよくするための方法

私は正直そこまで、「人に見られている」という意識があまり高くありません。でも昨日、やっぱり「人に見られている」ことをもっと意識しないとダメだなぁと思う出来事が立て続けにあり、少し反省をしていたりします…。 昨日の午前中、都内の某駅前からバス…

群れずに、自分ひとりで、飛び込む勇気

本当にありがたいことに、ニッポン手仕事図鑑の2周年感謝イベント「えん会」に、たくさんの方々からご応募をいただいております。 お申込みされた方々を見ていて結構意外だったのは、お友達と一緒に応募された方がいなかったこと。個人的には「一緒に行かな…

結果を出せる人と、出せない人の分かれ目はどこか?

ちょっと複雑な1日でした…。 今日突然、ニッポン手仕事図鑑に素晴らしいオファーが来ました。「この忙しい中で、本当にやるべきか?」と一瞬躊躇するオファーだったのですが、やりたい! やってみたい! というメンバーも多かったので、はじめてのことでリス…

停滞感を感じていて、その状態からなかなか抜け出せないときに

最近、視野が狭くなっているなぁ…。新しく何かを吸収することがないなぁ…。成長している実感が弱いなぁ…。 そんな停滞感を感じることはないでしょうか?私自身の話をすると、そう感じているときはだいたい、自分が好きなもの、自分が共感するもの、自分に考…

誰かの強み×あなたの強み=もしかすると、すごいことが起きるかもしれない!?

自分、あるいは自社の強みは大したことがなくても、“誰かの強みを掛け算する”ことで、結構すごいことができたりします。だから私は、コラボが好きです。自分の大したことのない強みでも、あの人の強みを掛け合わせたら、何かが起こるんじゃないか? 自分の強…

うまくいくか誰にもわからないことを「うまくいくかな?」と延々と考えている人が、一番人生を損している

当たり前のことを書きますが、時間は有限です。だから、人生をどう生きるか、どのような仕事をやって、どのように日々を楽しみ、どのように世の中に貢献して、どのような足跡を残していきたいかを本気で考えると、その時間の少なさに若干愕然としてしまいま…

クリエイティブな仕事をするためには、なぜ仲間が必要か?

「クリエイティブな仕事」ってなんでしょうか? その単語はよく耳にしますが、定義は結構曖昧だったりします。私の個人的な考えで言えば、新しい価値観をアウトプットをして、誰かに楽しんでもらい、喜んでもらう仕事であれば、職種を問わず「クリエイティブ…

自分の夢はできるだけ、口に出したほうがいい

何の根拠もないのですが、自分で実現したい夢は、口に出したほうが絶対に叶いやすいと思っています。想いを発信し続けることできっと、その想いをシェアしてくれる人が現れるからです。だから私は、「死ぬときは必ず、自分の本を棺桶に入れたい」と、いつか…

なぜ、矢追純一さんは、UFOの番組をつくったのか?

数日前、作家の保坂和志さんのインタビュー記事を読みました。いろいろと自分の仕事について考えさせられる記事だったのですが、その中でひとつ、とても面白いエピソードがあったので、ちょっと紹介してみます。 それは、「UFOディレクター」としてもよく知…

ブログって、本当に素晴らしい…

改めて、ブログって本当に素晴らしいものだなと、実感しました。昨日、こんな記事を投稿しました。 すると、さっそくこのブログの読者の方々から、応募者がありました。 日本の手仕事や郷土芸能を応援する一般社団法人&公益社団法人の方をはじめ、大好きな…

「2周年感謝イベント」を開催します!

ニッポン手仕事図鑑は今年1月、2周年を迎えることができました。ここまで来ることができたのは、撮影にご協力いただいた職人さんはもちろん、応援してくれる方々の支えがあったからです。 そこで!この感謝の気持ちを皆さんにお伝えをしたくて、2月3日(金)…

行動するだけで、全体の上位5%に入れる

こんなデータがあるそうです。「ひとり旅をしてみたいですか?」という質問に対して、76.2%の人が「してみたい!」と答えたものの、その中で“実際にひとり旅をする人”は、6.2%しかいないそうです…。 これはよく言われることですが、仕事でも趣味でも勉強で…

行動が変わっても、習慣は変わらない。でも、習慣が変われば、運命は変わる

心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。 アメリカを代表する哲学者であり、心理学者でもある、ウィリアム・ジェームズの言葉です。これ、本当にそのとおりで、真理をついた言葉だ…

WEBデザイナー&HTMLコーダーを募集します!「ニッポン手仕事図鑑」を一緒に運営してみたい人、大募集です!

今日は求人募集のご案内です。今後、ニッポン手仕事図鑑は新しい3つのWEBサービスをリリースし、それらを運用しつつ、職人さんや地方自治体、民間企業の方からご相談いただくWEBサイトの制作にも力を入れていきたいと考えております。また、地方でのサテライ…