自分の仕事は、自分でつくる

多くの仕事がなくなる10年後を生き抜くためのヒント

結果が出せない40代が、無意識にやっていること

少し煽り気味のタイトルをつけましたが、ご容赦いただき…。今日は結果が出せない30代、40代が、意識しているようで、実は意識できていないことについて。 それは、思考や行動、そして発言が「他人事」になってしまうということ。 たとえば、会社のあるプロジ…

誰かを打ち負かしたいのか? それとも、未来を切り拓いていきたいのか?

「差別化」「独自化」このブログを読んでいるビジネスマンの中には、そんな言葉と日々格闘している人も多いと思います。 わたし自身も民間企業のPRやブランディング、地方自治体の移住促進の仕事を任されたときはもちろん、自社の映像部門の仕事を受注するた…

遺伝子検査の結果、「孤独を感じやすいウサギさん」で、「メンタルがガラスのハート」であることが判明しました

先日『ボクの先祖は、「太平洋を渡った日本最初の移住民」だった』という記事を公開しましたが、もうひとつの遺伝子検査「GeneLife Myself2.0」の検査結果が出てきました。 自分自身の性質みたいなことを、遺伝子レベルで公開するのもどうかと思いますが、遺…

35~45歳はどの世代よりも、時代に置き去りにされやすい

突然ですが、問題です。あなたはマクドナルドのブランディング部門の責任。2018年のイメージキャラクターを決めるという重要な業務を与えられました。すべてはあなたに一任されている。さあ、誰を選ぶ? その選定理由も考えてみてください。 さてさて…。わた…

他人の意見に耳を傾けすぎない、フレッシュネスバーガー流のブランドのつくり方

昨日の夜、どうしても調べなければならないことがあって、昔の手帳をパラパラとめくっていたときのこと。こんな走り書きを見つけました。 「フレッシュネスバーガー創業者」「栗原幹雄さん」「ブランドづくりのキーワード」とあり、その後に続けて、こんな言…

「不安にさせない」という礼儀と、「自分の鏡になってくれる人」への感謝

今年のはじめ、とある地方のキーマンの方から、最高の褒め言葉をいただきました。「いつも『大丈夫、安心してください! やりきります!』って感じですよね。それが頼もしいし、すごいなぁと思う」と。 正直に書くと、このブログで何度も「自分は小心者」と…

「想像」と「実感」の間には、大きな川が流れている

2015年に書いて、まあまあの反響をいただいた記事。 このときの話に少し似ているのですが、「想像」と「実感」の間にも、大きな川が流れていると思っています。 昨日、新メディア「されど寄り道」をリリースしました。リリース前は、こんな反響があるのかな…

新メディア「されど寄り道」はじまります!

「されど寄り道」「yorimichi.life」なかなか素敵なネーミングとドメインじゃないですか?結構、お気に入りだったりします。そうそう。やっと、新しいメディアをリリースしました。(新しいメディアを立ち上げた理由はそこで書いてあるので、ぜひ読んでいた…

「ナンバー2」のポジションの人が、忘れてはいけないこと

書きたかったネタを2本先延ばしにして、自分自身への備忘録として、今日は書いておきたいことを。 このブログで何度も、「会社(あるいはチーム、コミュニティ)の実力は、ナンバー2の実力に比例する」と書いてきました。組織のトップは、決断をすることが仕…

「自分の言葉」の瞬発力をつける

今年に入ってから、このブログの読者である何人かの方から「ここ最近のオススメの本は何ですか?」「今読んでおくべき本があれば、教えてください!」というリクエストをいただいたので、今日はオススメの本を紹介したいと思います。 と、その前に。わたしが…